元ネタ・サンプリング Rich Boy feat. Polow Da Don – Throw Some D’s (2006) Bobby DeBargeが所属していたバンドをサンプリング!

2000年代
2000年代R
スポンサーリンク

2007年に、自身の名を冠したデビューアルバム発表したRich Boy (リッチ・ボーイ)

アルバムはR&B/Hip Hopチャート3位にランクイン。

今回はこの中からリードシングルのThrow Some D’s」(2006)をピックアップ。

この曲は全米チャート6位とスマッシュヒットし、音楽メディア誌Rolling Stoneが選ぶ「2007年のベストソング100」で37位に選出。

この年を象徴するクラブバンガーになったのではないでしょうか。

Rich Boyの代名詞とも言えるこの曲の元ネタについて解説します。

Rich Boy feat. Polow Da Don – Throw Some D’s (2006)

スポンサーリンク

楽曲情報

Rich Boy (リッチ・ボーイ)
出身地 :アラバマ州モービル
生年月日:1983年9月2日
ジャンル:Hip Hop

Polow da Don
出身地 :ジョージア州アトランタ
生年月日:1977年10月15日
ジャンル:Hip Hop, R&B

レーベル
Interscope Records

プロデューサー
Polow da Don
Robert “Butta” Crawford

元ネタ・サンプリング
Switch – I Call Your Name (1979)

スポンサーリンク

“Throw Some D’s” 元ネタ・サンプリング

Switch – I Call Your Name (1979)

元ネタになったのはR&B、ファンクバンドのSwitch「Call Your Name」(1979)です。

この曲は彼らの2枚目のアルバム「Switch II」(1979)に収録し、シングルはR&Bチャート8位にランクイン。

当時バンドメンバーであったBobby DeBargeは、彼らの兄弟のバンドDeBargeの主要メンバーEl DeBargeが抜けた穴を埋めるべくSwitchを脱退しています。

また1980年代にHIVに感染したBobby DeBargeは、1995年にエイズの合併症で39歳の若さで亡くなっています。

スポンサーリンク

終わりに

Throw Some D’s」がヒットしたことによりAndré 3000NellyJim JonesThe Gameなどが参加した豪華Remixもリリース。

Rich Boy feat. André 3000, Murphy Lee, Nelly, Jim Jones, Lil Jon & The Game – Throw Some D’s Remix (2007)

またアルバムからKeri Hilsonをゲストに迎えた「Good Things」などもMVは公開されましたが、その後はヒット曲に恵まれなかったRich Boy

一発屋と称されこともありますが、改めて彼の作品を聞き返すと当時の記憶が蘇ってきますね。

Rich Boy feat. Polow Da Don, Keri Hilson – Good Things (2007)

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました