musicdictionary2021

2010年代

元ネタ・サンプリング Jeezy feat. Ty Dolla $ign – 4Play (2019) 引退作のアルバムからPretty Rickyをサンプリングした1曲!

これまでに9枚のアルバムが全米チャートトップ10内にランクインし、そのうち2枚は1位を獲得しているJeezy(ジーズィー)。 2019年に発表したアルバム「TM104: The Legend of the Snowman」をリリース...
1990年代

元ネタ・サンプリング Blackstreet feat. Dr. Dre & Queen Pen – No Diggity (1996) メンバーはこの曲が好きではなかった?!

Teddy Riley率いるR&BグループGuyが解散し、1993年に彼とプロデューサーのChauncey "Black" Hannibalによって結成したBlackstreet (ブラックストリート)。 彼らのデビューアル...
2020年代

元ネタ・サンプリング Sada Baby feat. Nicki Minaj – Whole Lotta Choppas Remix (2020) 第一子を出産したNicki Minajのカムバック作!

2018年に発表したDregoとのコラボ曲「Bloxk Party」はYouTubeで8000万回以上再生されるヒットとなったSada Baby。 このヒットにより現在所属するAsylum Recordsと契約に至り、2017年に発...
スポンサーリンク
2020年代

元ネタ・サンプリング Queen Naija – Pressure (2020) デビューアルバムから2Pacの名盤をサンプリング!

2018年に発表したデビューEP「Queen Naija」は全米R&Bチャート2位にランクインし「Medicine」や「Karma」などがヒットしたQueen Naija (クイーン・ナイジャ)。 これまではYouTuber...
2010年代

元ネタ・サンプリング Big Sean feat. E-40 – I Don’t Fuck With You (2014) 元パートナーに向けてリリースするも後悔していた?!

2011年に発表したデビューアルバム「Finally Famous」は「My Last」「Marvin & Chardonnay」「Dance (Ass)」などのヒットシングルを収めることで、鮮烈なデビューを飾ったBig Sean...
2020年代

元ネタ・サンプリング Austin McBroom – Only One (2020) Big Punを大胆にサンプリング!

カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点にYouTuberとして活躍しているAustin McBroom (オースティン・マクブルーム)。 妻、子供と共に家族のYouTubeチャンネル "The ACE Family" では、1900万人...
2020年代

元ネタ・サンプリング T.I. feat. Snoop Dogg & Jeremih – Moon Juice (2020) Snoopが所属していたラップグループをサンプリング!

“King of the South” ことT.I. (ティーアイ)は、アトランタを拠点として数々のクラブヒットをリリースし、南部Hip Hopの発展に大きく貢献してきました。 そんな彼が11枚目となるアルバム「The L.I.B....
2020年代

元ネタ・サンプリング Busta Rhymes feat. Bell Biv DeVoe – Outta My Mind (2020) Poisonを大胆にサンプリング!

1998年に3枚目のアルバム「Extinction Level Event: The Final World Front」をリリースし、グラミー賞「Best Rap Album」の他2部門にノミネートととなったBusta Rhymes (...
2020年代

元ネタ・サンプリング Black Eyed Peas, Nicky Jam, Tyga – VIDA LOCA (2020) 往年の名曲を3曲サンプリングしたダンスナンバー!

2003年に発表したシングル「Where Is the Love?」が世界13カ国のチャートで1位に輝き、その後リリースした「Monkey Business」(2005)は、全世界で900万枚以上のセールスを記録したBlack Eyed ...
2020年代

元ネタ・サンプリング Bryson Tiller feat. Drake – Outta Time (2020) サンプリングソースはDrakeの作品と同じアルバムを使用?!

2011年にキャリアをスタートさせ、2015年にシングル「Don't」が全米チャート13位にランクインし、一躍メインストリームで知名度を広めたBryson Tiller (ブライソン・ティラー)。 この曲のヒットを受けて "RCA ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました