元ネタ・サンプリング The Game feat. Junior Reid – It’s Okay (One Blood) (2006) 元ネタはWu-Tang Clanもサンプリング?!

2000年代
2000年代T
スポンサーリンク

Dr. Dreに見いだされ、彼のレーベルであるAftermathと契約したThe Game

2005年のメジャーデビューアルバム「The Documentary」は発売初週に58万枚以上のセールスを記録し、全米チャート1位を獲得。

2000年以降、東海岸、南部のHip Hopが盛んになっている時期でしたが、西海岸のヒップホップシーンを復活させた “原動力” として高い評価を得ました。

そんなThe Gameが2枚目のアルバム「Doctor’s Advocate」(2006)をリリース。

以前まで所属していたAftermath, G-Unitを離れ、心機一転 “Geffen Records”からのリリースとなりました。

今回はそのアルバムから「It’s Okay (One Blood)」をピックアップして、解説していきます。

スポンサーリンク

楽曲情報

The Game
出身地 :カリフォルニア州コンプトン
生年月日:1979年11月29日
ジャンル:Hip Hop

Junior Reid
出身地 :ジャマイカ、キングストン
生年月日:1963年6月6日
ジャンル:Reggae

レーベル
Geffen Records

プロデューサー
D-Roc
Reefa

元ネタ・サンプリング
Junior Reid – One Blood (1990)

The Game feat. Junior Reid – It’s Okay (One Blood) (2006)

スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

元ネタとなったのは、ベテランRaggaeアーティストJunior Reid「One Blood」(1990)です。

Junior Reid – One Blood (1990)

彼の名曲「One Blood」が楽曲の始りから、そのままサンプリングされていますね。

またこの曲はWu-Tang Clanのアルバム「The W」から「One Blood Under W」でもサンプリングされています。

Wu-Tang Clan feat. Junior Reid – One Blood Under W (2000)

スポンサーリンク

アルバム “Doctor’s Advocate”

今作は所属していたG-Unit50 Centとのビーフにより、G-UnitAftermathを離れてのリリースとなりました。

そんな中発表された今作は、Nate Dogg、Snoop Dogg、Kanye West、Nas、will.i.amなどの豪華客演陣が脇を固めています。

発売初週に36万枚以上のセールスを記録し、前作に続いて2作連続で全米チャート1位に輝きました。

また今作で結果を残したThe Gameは、50 CentDr. Dreの力を借りずに成功したことを評論家は高く評価。

後に本人も自分のキャリアの中で、最高のアルバムだと明かしています。

スポンサーリンク

It’s Okay (One Blood)

アルバムからリードシングルとして発表されたこの曲は、R&B/Hip Hopチャート33位にランクイン。

クラブを中心に人気を博した楽曲となりました。

プロデューサーにはD-RocReefa

この中からD-Rocはアトランタ出身のHip Hopデュオ “Ying Yang Twins” のメンバーであり、ラッパーとして認知度が高いです。

Lil Jonのシングル「Get Low」で客演で参加し、全米チャート2位、年間シングルチャート11位と大ヒット。

メインストリームに彼の名前を広めるきっかけとなった楽曲になりました。

Lil Jon & The East Side Boyz feat. Ying Yang Twins – Get Low (2002)

スポンサーリンク

終わりに

The Game「It’s Okay (One Blood)」はいかがでしょうか。

重厚感のあるビートにJunior Reidの歌声が入ることで、さらに疾走感が増したトラックになりました。

またWu-Tang Clanが先にサンプリングしてたのは、意外でしたね。

この機会に彼らの楽曲を聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました