元ネタ・サンプリング Joey Bada$$ – Shine (2020)

J
J
スポンサーリンク

こんにちは。

本日はこちらをご紹介。

Joey Bada$$ – Shine (2020)

ニューヨーク、ブルックリン出身のラッパー
プロデューサーと活躍するJoey Bada$$の新曲をご紹介。

彼名義でのリリースは、前作のアルバム
「All-Amerikkan Bada$$」以来で3年ぶりになりました。

719fb+JqV6L._AC_SY355_

2018年に亡くなってしまったラッパーの
XXXTENTACIONのアルバムや
Joey Bada$$と共同で立ち上げたラップグループ「Pro Era」の
一員でもあるCJ Flyのアルバムなどで
客演としてはリリースがありました。

XXXTENTACION feat. Kemba & Joey Bada$$ – Daemons (2018)

CJ Fly feat. Joey Bada$$ – RUDEBWOY (2019)

本楽曲は「The Light Pack」に収録されており
こちらは全3曲とコンパクトな内容となっています。
コンセプトとして、次作のアルバムの前書き的な作品ということで
次回は最高なアルバムをリリースするとのことみたいです。

本楽曲のプロデューサーはマサチューセッツ州ローレンス出身の
Statik Selektah。
Joey Bada$$のデビューアルバムに収録されている「No.99」や

Joey Bada$$ – No.99 (2014)

その取り巻きのPro Eraの「Like Water」

Pro Era feat. Capital STEEZ, CJ Fly & Joey Bada$$ – Like Water (2012)

他にもEminemの「Detroit vs. Everybody」も手掛けています。

Eminem feat. Danny Brown,Trick Trick, Royce Da 5’9′, DeJ Loaf & Big Sean – Detroit vs. Everybody (2014)

そんな彼が手掛けた本楽曲はサンプリングしています。
元ネタはこちら。

Roy Ayers Ubiquity – Everybody Loves the Sunshine (1976)

カリフォルニア州、ロサンゼルス出身の
ファンク、ソウルの作曲家、プロデューサーの
Roy Ayersの1976年リリースのこちら。

ブラックミュージック好きなら1度は聞くことがある
超大ネタですね。
いつ聞いても最高な1曲です!

ここまで読んでいただきありがとうございます。
明日も朝7時にブログを更新しますので
また遊びに来てください!

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました