元ネタ・サンプリング Black Rob – Whoa! (2000) Bad Boyを支えてきたラッパーが急死!

2000年代
2000年代B
スポンサーリンク

The Notorious B.I.G.Faith EvansBoyz n da Hoodが所属し、ベテランラッパーDiddy率いるレーベルBad Boy Records

Black Rob (ブラック・ロブ)もレーベルと契約し、The Notorious B.I.G.Maseなどの作品でヒット曲を飛ばしてきました。

そんな彼が、2021年4月17日に腎不全のため52歳の若さでこの世を去りました。

今回はBlack Robの代名詞とも言える「Whoa!」をピックアップ。

元ネタとこの曲について解説します。

スポンサーリンク

楽曲情報

Black Rob (ブラック・ロブ)
出身地 :ニューヨーク、イーストハーレム
生年月日:1968年6月8日
ジャンル:Hip Hop
没年月日:2021年4月17日 (52歳)

レーベル
Arista Records
Bad Boy Entertainment

プロデューサー
Buckwild

元ネタ・サンプリング
François Valéry – Joy (Version Originale Orchestrale) (1983)
David McWilliams – Days of Pearly Spencer (1935)

Black Rob – Whoa! (2000)

Black Rob – Whoa! (Official Music Video)
スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング 1

François Valéry – Joy (Version Originale Orchestrale) (1983)

JOY Version Instrumentale

元ネタとなったのはフランス出身のシンガーFrançois Valéry「Joy (Version Originale Orchestrale) 」(1983)です。

この曲は原曲の「Joy」をオーケストラバージョンになっており、インストゥルメンタルとなっています。

オリジナルはボーカルも入ることで、雰囲気が一層変わったナンバーに仕上がっています。

François Valéry – Joy (1983)

JOY François Valéry (with lyrics)
スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング 2

David McWilliams – Days of Pearly Spencer (1935)

David McWilliams – Days Of Pearly Spencer

さらに深堀りすると、北アイルランド出身のシンガーDavid McWilliams「Days of Pearly Spencer」 (1935)をサンプリングしています。

この曲は彼のセカンドアルバム「David McWilliams Volume 2」に収録され、フランス、ベルギー、オランダなど世界各国のチャートにランクイン。

全世界で100万枚以上のセールスを記録し、彼の代表曲になりました。

スポンサーリンク

Whoa!

Black Robのデビューアルバム「Life Story」(2000)からリードシングルとしてリリースされ、彼の唯一の全米チャートにランクインした楽曲となりました。

またその後発表されているレーベルコンピレーションアルバム「Bad Boy’s 10th Anniversary… The Hits」「Bad Boy 20th Anniversary Box Set Edition」にも収録され、Bad Boy Recordsの代表曲でもあることが伺えます。

アルバム「Life Story」(2000)は彼の存在感とリリックがThe Notorious B.I.G.に似ていることから、評論家から好評を博し全米チャート3位にランクイン。

この作品を含めてBlack Robは3枚のアルバムを発表していますが「Life Story」が最もヒットした作品となりました。

スポンサーリンク

終わりに

Black Rob「Whoa!」はいかがでしたでしょうか。

DMXを追うように、90年代から2000年代に掛けて活躍したラッパーが亡くなるのは悲しいですね。

この機会に彼の作品を聞き直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました