元ネタ・サンプリング Ja Rule feat. Lil Mo – I Cry (2000) レーベルの意向によりLil’ Moとは決別?!

2000年代
2000年代J
スポンサーリンク

これまでにアメリカで1400万枚以上のセールスを記録し、全世界で3000万枚を売り上げたラッパーのJa Rule (ジャ・ルール)

この中でもアルバム「Rule 3:36」(2000)「Pain Is Love」(2001)は全米チャート1位に輝き、一躍知名度を上げた作品となりました。

今回は「Rule 3:36」(2000)からLil Mo (リル・モー)をフィーチャーした「I Cry」をピックアップ。

彼女の響き渡る、切ないコーラスが印象的なこの曲を解説していきます。

スポンサーリンク

楽曲情報

Ja Rule (ジャ・ルール)
出身地 :ニューヨーク、クイーンズ
生年月日:1976年2月29日
ジャンル:Hip Hop, R&B

Lil Mo (リル・モー)
出身地 :ワシントンD.C.
生年月日:1978年11月19日
ジャンル:R&B, Hip Hop

レーベル
Murder Inc. Records
Def Jam Recordings

プロデューサー
Irv Gotti
Lil’ Rob

元ネタ・サンプリング
O’Jays – Cry together (1978)

Ja Rule feat. Lil Mo – I Cry (2000)

スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

O’Jays – Cry together (1978)

元ネタとなったのは、オハイオ州出身のR&BグループO’Jays「Cry together」(1978)です。

この曲は彼らのアルバム「So Full of Love」(1978)に収められ、全米Soulチャート1位に輝いた「Use Ta Be My Girl」と共に収録されています。

O’Jays – Use Ta Be My Girl (1978)

また「Cry together」はこれまでに50曲近くサンプリングに使われた曲で、Johnny GillAllureの楽曲では原曲を崩さずに使用しています。

Johnny Gill – Touch (1996)

Allure – Anything You Want (1997)

スポンサーリンク

アルバム “Rule 3:36”

この作品から4枚のシングルがリリースされ、同じくLil Moを迎えた「Put It On Me」は初の全米チャートTop10入りを果たした1曲になりました。

また第44回グラミー賞の「Best Rap Performance by a Duo or Group」にキャリア初のノミネートとなり、Ja Ruleの知名度をメインストリームに引き上げる作品となりました。

Ja Rule feat. Lil’ Mo & Vita – Put It On Me (2000)

Lil Moとヒット曲を発表するものの、所属しているレーベル “Murder Inc.” の長であるIrv Gottiからは、彼女とのコラボレーションはこの曲を最後にすることを命じられます。

その代役にシンガーのAshantiとコラボレーションすることで、「Mesmerize」「Always on Time」といったヒットソングが生まれました。

その後皮肉にもLL Cool Jが2008年に発表した「Cry」Lil Moを客演に迎え、表題曲の「I Cry」をサンプリングしています。

LL Cool J feat. Lil’ Mo – Cry (2008)

スポンサーリンク

終わりに

Ja Rule「I Cry」はいかがでしたでしょうか。

この曲でLil Moとのコラボレーションがなくなったのは残念ですが、後のAshantiが活躍したことでIrv Gottiの判断は間違っていなかったように思えますね。

この機会に元ネタと併せて聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました