元ネタ・サンプリング A$AP Rocky feat. Skrillex & Birdy Nam Nam – Wild For The Night (2013) 元ネタはSkrillexが感銘を受けていた?!

2010年代
2010年代A
スポンサーリンク

ニューヨーク、ハーレムに生まれ育ったA$AP Rocky (エイサップ・ロッキー)は、2011年にミックステープ「Live. Love. ASAP」(2011)をドロップ。

「Peso」「Purple Swag」がヒットしたことで、レーベル契約を獲得した作品になりました。

そんな彼が2013年にデビューアルバム「Long. Live. ASAP」をドロップ。

サンプリングに関する著作権の問題があったためリリースが遅れたものの、全米チャート1位を獲得。

4枚のシングルがカットされるほど注目を浴びたこの作品から、今回は「Wild For The Night」(2013)をピックアップ。

DJクルーBirdy Nam Nam (バーディー・ナム・ナム)をサンプリングしたことで、Dubstep色の強いクラブ映えする1曲になりました。

A$AP Rocky feat. Skrillex & Birdy Nam Nam – Wild For The Night (2013)

スポンサーリンク

楽曲情報

A$AP Rocky (エイサップ・ロッキー)
出身地 :ニューヨーク、ハーレム
生年月日:1988年10月3日
ジャンル:Hip Hop

Skrillex (スクリレックス)
出身地 :カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日:1988年1月15日
ジャンル:EDM

Birdy Nam Nam (バーディー・ナム・ナム)
結成  :2001年
出身地 :フランス
ジャンル:Hip Hop

レーベル
A$AP Worldwide
RCA Records
Polo Grounds Music

プロデューサー
A$AP Rocky
Skrillex
Birdy Nam Nam

元ネタ・サンプリング
Birdy Nam Nam – Goin’ in (Skrillex “Goin’ Down” Mix) (2012)

スポンサーリンク

“Wild For The Night” 元ネタ・サンプリング

Birdy Nam Nam – Goin’ in (Skrillex “Goin’ Down” Mix) (2012)

元ネタになったのはフランス出身のDJクルーBirdy Nam Nam (バーディー・ナム・ナム)「Goin’ In (Skrillex “Goin’ Down” Mix)」 (2012)です。

彼らは “DMC Technics 2002 World TEAM Championships” をはじめ、DJのスキルを競う大会で数々の賞を受賞。

この曲は、毎年開催しているフランスのグラミー賞と言える “Victoires de la Musique” にBirdy Nam Namが出演した際に、Skrillex (スクリレックス)が彼らに楽曲に感銘を受けて「Goin’ In」をRemix。

ロービートのDubstep調の楽曲に生まれ変わり、Skrillexの独特の世界観に引き込まれる1曲に仕上がりました。

Birdy Nam Nam – Goin’ In (2012)

スポンサーリンク

終わりに

A$AP Rockyは、ロービートを使用し南部Hip Hopの象徴する「Chopped & Screwed」を用いたスタイルを武器としていました。

このラップスタイルに対して地元ニューヨークのオーディエンスは「ニューヨークらしくない」と否定的な意見もありました。

しかしこの「Peso」は多くのHip Hopヘッズからプロップスを集め、ニューヨークの音楽シーンが彼を認めた作品にもなりました。

これについてA$AP Rockyは、次のように明かしています。

ニューヨークは頑固で傲慢だから、ニューヨーク出身の人たちが僕を褒めてくれるのは涙が出るほど嬉しかったよ。

現在は世界的ラップスターとして活躍する彼も、シーンに認められるまで苦労をしていた様子が伝わってきます。

この機会に初々しい彼の作品を改めて聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました