2010年代

2010年代

元ネタ・サンプリング Tory Lanez – Say It (2015) アルバムは踊れる楽曲がなかった・・・?

2016年に発表したデビューアルバム「I Told You」は全米チャート4位にランクインしたTory Lanez (トリー・レーンズ)。 その中でも「Luv」 (2016)はR&B/Hip Hopチャート4位に入り、グラミ...
2010年代

元ネタ・サンプリング Jeezy feat. Jay-Z – Seen It All (2014) 元ネタは日本の歌謡曲を大胆にサンプリング!

2004年に大手Hip Hopレーベル "Def Jam Recordings" と契約し、これまでに数々のクラブヒットを飛ばしてきたラッパーのJeezy (ジーズィー)。 その中でもT.I. やGucci Maneといったアトラン...
2010年代

元ネタ・サンプリング YG, Blanco & DB Tha General – Driving Like I’m Loco (2015) Snoop Doggのデビュー作を大胆にサンプリング!

2009年に発表したシングル「Toot It And Boot It」がヒットしたことにより、メジャーレーベルと契約。 西海岸を中心に一躍注目される存在となったYG (ワイジー)。 そんな彼が2015年にミックステープ「Cal...
スポンサーリンク
2010年代

元ネタ・サンプリング Kendrick Lamar – I (2014) Kendrick Lamar自ら使用許可を求めに本人と会っていた!

2012年に発表したアルバム「Good Kid, M.A.A.D City」は全米チャート2位にランクインし、全米の一躍注目を浴びることになったKendrick Lamar (ケンドリック・ラマー)。 3枚目のアルバム「To Pim...
2010年代

元ネタ・サンプリング French Montana feat. City Girls – Wiggle It (2019) Pitbullも使用した大ネタをサンプリング!

13歳までモロッコで生まれ育ち、その後ニューヨークに移住したラッパーのFrench Montana (フレンチ・モンタナ)。 2017年に発表したアルバム「Jungle Rules」は全米チャート3位にランクイン。 その中から...
2010年代

元ネタ・サンプリング A$AP Rocky feat. Skrillex & Birdy Nam Nam – Wild For The Night (2013) 元ネタはSkrillexが感銘を受けていた?!

ニューヨーク、ハーレムに生まれ育ったA$AP Rocky (エイサップ・ロッキー)は、2011年にミックステープ「Live. Love. ASAP」(2011)をドロップ。 「Peso」と「Purple Swag」がヒットしたことで...
2010年代

元ネタ・サンプリング Jeezy feat. Ty Dolla $ign – 4Play (2019) 引退作のアルバムからPretty Rickyをサンプリングした1曲!

これまでに9枚のアルバムが全米チャートトップ10内にランクインし、そのうち2枚は1位を獲得しているJeezy(ジーズィー)。 2019年に発表したアルバム「TM104: The Legend of the Snowman」をリリース...
2010年代

元ネタ・サンプリング Big Sean feat. E-40 – I Don’t Fuck With You (2014) 元パートナーに向けてリリースするも後悔していた?!

2011年に発表したデビューアルバム「Finally Famous」は「My Last」「Marvin & Chardonnay」「Dance (Ass)」などのヒットシングルを収めることで、鮮烈なデビューを飾ったBig Sean...
2010年代

元ネタ・サンプリング Anuel AA, Daddy Yankee & KAROL G feat. J Balvin & Ozuna – China (2019) YouTubeでは17億回再生を記録するものの、本人は引退宣言?!

プエルトリコ出身のラッパーで"Latin Trap" の先駆者とも言われているAnuel AA (アヌエルAA)。 そんな彼がLatin界の人気アーティストを集結させ、豪華コラボレーションとなった「China」をドロップ。 こ...
2010年代

元ネタ・サンプリング Fetty Wap – Fresh N Clean (2019) Outkastの名曲をサンプリングしたスローナンバー!

2015年にシングル「Trap Queen」がバイラルヒットとなり、一躍脚光を浴びるようになったFetty Wap (フェティ・ワップ)。 彼のメロディアスなラップスタイルで多くのオーディエンスを魅了し「My Way」や「679」な...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました