294. DUCKWRTH feat. Kyle Dion – World On Wheels (2020)

スポンサーリンク
D

こんにちは。

本日はこちらをご紹介します。

DUCKWRTH feat. Kyle Dion – World On Wheels (2020)

カリフォルニア州サウスロサンゼルス出身の
ラッパー、ソングライターの
DUCKWRTHの新曲。

現在32歳のDUCKWRTH。
2012年から活動を初めており、これまでに
EPを1枚
ミックステープを4枚
アルバムを1枚
リリースしています。
2018年に公開された映画
「スパーダーマン:スパイダーバース」の
サントラにも彼の楽曲は収録されています。

DUCKWRTH & Shaboozey – Start a Riot (2018)

話を本楽曲に戻しますが
こちらは先日リリースしたセカンドアルバム
「SuperGood」に収録されています。

アルバムは全16曲収録されており
客演には
Jean Deaux
KIAN
G.L.A.M.
Julia Romana
EARTHGANG
Kyle Dion
Alex Mali
RADIO AHLEE
となっています。

本楽曲の客演には
フロリダ州フォートローダーデール出身の
R&BシンガーKyle Dion。

彼の父親がラッパーだった関係もあり
幼少期から音楽に触れる機会が多く
7歳くらいからスタジオに行ったり
リリックを書いたりしていました。

その後2014年にリリースされた
Kehlaniのデビューミックステープでは
客演として収録されています。

Kehlani feat. Kyle Dion – How We Do Us (2014)

2019年にはデビューアルバム「Suga」をリリース。
翌年の2020年には、デラックス盤もリリースされ
注目を浴びました。
またDUCKWRTHとはそのデラックス盤で
共演しMVも公開されています。

Kyle Dion feat. UMI & DUCKWRTH – Play Too Much (2020)

本楽曲に話を戻しますが
プロデューサーには
The Breed
Xtina Prince
DUCKWRTHとなっており
本アルバムもほとんどをDUCKWRTH自ら手掛けています。

Xtina Princeはプロデューサーの肩書きがありますが
DUCKWRTHのマネージャーとしての
仕事がほぼメインとなっています。

The BreedはChris BrownとTygaの
「Westside」の他に

Chris Brown & Tyga – Westside (2015)

Dave EastやJoe Budden、Trey Songz
Bobby Shmurdaなど幅広く手掛けています。

最後に
この時期にピッタリな本楽曲、アルバムなので
ドライブなどで聞いたら気持ち良さそうですね。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
明日も朝7時にブログを更新しますので
また遊びに来てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました