Muni Longの魅力が光る新曲「Made For Me」がチャートを席巻!

2020年代
2020年代M
スポンサーリンク

フロリダ州ギフォード出身のシンガーMuni Long (マニー・ロング)は、RihannaAriana GrandeMariah Careyといったアーティストの作詞を手がけ、その中でもFifth Harmonyのシングル「Worth It」Pitbull「Timber」は世界的なヒット曲となりました。

その後、彼女は自らMuni Longとしてマイクを握り、2021年にリリースしたシングル「Hrs and Hrs」がTikTokでバイラルヒットし、全米チャートトップ20入りを果たしました。さらに、2022年にはDef Jam Recordingsと契約を結びました。

そして、2023年9月に発表したシングル「Made For Me」で、再び彼女の才能が注目されています。

Muni Long – Made For Me (2023)

スポンサーリンク

“Made For Me” 楽曲情報

リリース日
2023年9月15日

レーベル
Supergiant Records
Def Jam Recordings

プロデューサー
Jermaine Dupri
Bryan-Michael Cox
JordanXL

スポンサーリンク

「Made For Me」のテーマと背景

Muni Longは、「Hrs and Hrs」がグラミー賞の「最優秀R&Bパフォーマンス賞」を受賞し、「最優秀R&Bソング賞」にもノミネートされるなど、一気に全米の注目を浴びました。

その後も、Rihannaのシングル「Lift Me Up」で作詞を手掛けるなど、多方面で活躍。映画「ワイルド・スピード/ファイヤーブースト」のサウンドトラックに収録された「Angel Pt. 2」では、BTSJiminCharlie Puthと共演するなど、音楽シーンで存在感を示しています。

2023年にリリースされた2曲目のソロ曲「Made For Me」では、愛とつながりの感覚を表現し、Muni Longはその曲の背景について次のように述べています。

この曲の背景にあるのは、愛とつながり、別の時間にその人に出会ったという感じよ。
みんなにインスピレーションを受けてほしいの。
同世代の人たちに私のやっていることを聴いてもらい、絶望的な状況ではないことに気づいてほしいわ。
音楽は死んでいないわ。
ただ、もう少し努力と情熱を注ぐ必要があるの。
誰かと競い合ったり、サウンドを追い求めるのをやめて、ただ自分らしくあること。
それで十分だと思うわ。
スポンサーリンク

名プロデューサーたちが手掛けた「Made For Me」とは?

Muni Long「Made For Me」は、Bryan-Michael CoxJermaine Dupriといった名だたるプロデューサー陣によって共同プロデュースされています。彼らはUsherMariah Careyなどの多くのヒット曲を手がけ、その実績で知られています。

名プロデューサーたちが手掛けたこの曲は、特別な誰かとの関係性を歌っています。歌詞には、相手との特別な絆や愛情、相手の存在の重要さが強調されており、Muni Longはその人との瞬間を特別で他の誰とも共有できないものと捉えています。彼女は相手との関係を自分にとって特別であり、その人なしではどんなことがあっても生きていけないという感情を歌っています。

スポンサーリンク

Adlut R&B Airplayチャートでトップ3入り!

11月になり、リリースから2ヶ月が経った「Made For Me」がAdlut R&B Airplayチャートで3位を獲得し、2022年のJohn Legendとのコラボシングル「Honey」以来のトップ10入りを果たしました。

Muni Longの音楽は、深い絆や特別な人との関係性を歌っており、それが彼女の独自の魅力となっています。名プロデューサーとのコラボレーションから生まれた「Made For Me」の成功は、彼女の才能と音楽への情熱が深く共鳴されていることを証明しています。

彼女は自分らしさを追求し、競争やトレンドに囚われることなく、心からの表現を大切にしています。その姿勢は素晴らしく、将来の音楽活動からもますます目が離せませんね。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました