Earth, Wind & Fireサンプリング!Queen Penの『Party Ain’t a Party』が紡ぐ音楽の精華

1990年代
1990年代Q
スポンサーリンク

ニューヨーク、ブルックリン出身のフィメールラッパーQueen Pen (クイーン・ペン)は、名プロデューサーのTeddy Rileyに才能を見出され、1996年にBlackstreetのヒット曲「No Diggity」に客演し、注目を集めました。

1997年、彼女はTeddy Rileyがエグゼクティブプロデューサーを務め、Phil CollinsRonald Isleyなどがゲスト参加したデビューアルバム「My Melody」をリリースし、R&B/Hip Hopチャートで13位を記録しました。

ここでは、このアルバムに収録された「Party Ain’t a Party」(1997)の元ネタについて解説します。

Queen Pen feat. Markell Riley, Mr. Cheeks & Nutta Butta – Party Ain’t a Party (1997)

スポンサーリンク

“Party Ain’t a Party” 楽曲情報

リリース日
1997年12月16日

レーベル
Interscope Records
Lil’ Man Records

プロデューサー
Teddy Riley

元ネタ・サンプリング
Earth, Wind & Fire – On Your Face (1976)

スポンサーリンク

“Party Ain’t a Party” 元ネタ・サンプリング情報

Earth, Wind & Fire – On Your Face (1976)

元ネタになったのは、音楽グループEarth, Wind & Fire (アース・ウィンド・アンド・ファイアー)「On Your Face」(1976)です。

この曲は彼らの7枚目のアルバム「Spirit」(1976)に収録され、アルバムは全米チャートで2位を記録し、RIAAによってアメリカではダブルプラチナに認定されました。
「Spirit」の制作中に、彼らの長年の共同作業者でありプロデューサーでもあったCharles Stepneyが心臓発作で亡くなりました。この悲劇により、Earth, Wind & Fireは彼に敬意を表してアルバムタイトルを「Spirit」と名付けました。

このアルバムは、批評家から一定の称賛を受けながらも、一部からは陳腐との声もありました。しかし、批評家やリスナーから一定の成功を収め、さらにグラミー賞にノミネートされ、Isaac HayesRick Atkinsonなどの著名な音楽関係者からも高い評価を得ました。

関連記事はこちら

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました