Diddyとのコラボで生まれたFaith Evansの「Love Like This」の元ネタ解説

1990年代
1990年代F
スポンサーリンク

シンガーのFaith Evans (フェイス・エヴァンス)は、ラッパー兼プロデューサーのDiddyに才能を見出され、彼のレーベルBad Boy Entertainmentに女性アーティストとして初めて契約しました。
1995年にデビューアルバム「Faith」を発表し、その後、The Notorious B.I.G.と結婚し、1人の子供をもうけました。1997年3月9日にThe Notorious B.I.G.が殺害された後、彼女は彼の追悼曲である「I’ll Be Missing You」を共同制作し、グラミー賞を受賞するなど大きな成功を収めました。

1998年には、Faith Evansはセカンドアルバム「Keep the Faith」をリリースし、全米チャートで自身最高位となる6位を記録しました。

今回は、彼女のセカンドアルバムからのリードシングルで、Diddyがプロデュースに携わった「Love Like This」(1998)の元ネタについて解説します。

Faith Evans – Love Like This (1998)

スポンサーリンク

“Love Like This” 楽曲情報

リリース日
1998年9月15日

レーベル
Bad Boy Entertainment
Arista Records

プロデューサー
Faith Evans
Diddy
Ron “Amen-Ra” Lawrence

元ネタ・サンプリング
Chic – Chic Cheer (1978)

スポンサーリンク

“Love Like This” 元ネタ・サンプリング情報

Chic – Chic Cheer (1978)

元ネタになったのは、バンドChic (シック)「Chic Cheer」(1978)です。

この曲は、彼らのセカンドアルバム「C’est Chic」(1978)に収録されており、アルバムは全米チャートで4位を記録し、R&Bチャートでは11週間にわたって首位を獲得し、彼らにとって最も商業的に成功した作品となりました。

このアルバムの成功の背景には、「Le Freak」が収録されていたこともあります。
この曲は全米チャートで1位を獲得し、600万枚以上の売り上げを記録しました。これはWarner Musicの親会社であるAtlantic Recordsの歴史の中で最も売れたシングルであり、1990年までMadonna「Vogue」がその記録を破るまで、最も売れたシングルの座に君臨し続けました。

関連記事はこちら

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました