元ネタ・サンプリング Alicia Keys – You Don’t Know My Name (2003) バックコーラスにジョン・レジェンドを迎え、カニエがプロデュースした豪華な1曲!

2000年代
2000年代A
スポンサーリンク

Alicia Keys (アリシア・キーズ)は、2001年にデビューアルバム「Songs in A Minor」をリリースし、全米チャート1位を獲得。

リードシングルの「Fallin」は年間シングルチャート2位を記録し、グラミー賞3部門を受賞するなど、この年を象徴する1曲になりました。

そんな彼女がセカンドアルバム「The Diary of Alicia Keys」(2003)をリリースし、再び全米チャート1位を獲得。

今回はこのアルバムから「You Don’t Know My Name」をピックアップ。

グラミー賞「ベストR&Bソング」を受賞したこの曲の元ネタについて解説します。

Alicia Keys – You Don’t Know My Name (2003)

スポンサーリンク

楽曲情報

Alicia Keys (アリシア・キーズ)
出身地 :ニューヨーク
生年月日:1981年1月25日
ジャンル:R&B

レーベル
J Records

プロデューサー
Alicia Keys
Kanye West

元ネタ・サンプリング
The Main Ingredient – Let Me Prove My Love to You (1975)

スポンサーリンク

“You Don’t Know My Name” 元ネタ・サンプリング

The Main Ingredient – Let Me Prove My Love to You (1975)

元ネタになったのは、ニューヨーク、ハーレムで結成したソウルR&BグループThe Main Ingredient (ザ・メイン・イングレディエント)Let Me Prove My Love to You」(1975)です。

この曲は、彼らの8枚目のアルバム「Shame on the World」(1975)に収録。

Alicia Keysがサンプリングしたことで広く知られていますが、名プロデューサーThe Alchemist「First to Drop a Beat the Boldest」(2003)は、この曲の前半部分をループしてネタ使いしています。

The Alchemist feat. Havoc and G.O.D. Pt. III First to Drop a Beat the Boldest (2003)

スポンサーリンク

終わりに

Alicia Keysは今作について、次のように明かしています。

「You Don't Know My Name」はクレイジーだわ。
あれは本当に特別な、特別な瞬間だったの。
私のキャリアの中でもそうだし、スタジオでこの曲を作った時もそうだったんだけど、カニエと私は 「You Don't Know My Name」を作る時に、いくつか違う雰囲気の曲を作ったわ。
当時、John Legendはまだアーティストとして確立されていなかったんだけど、Harold Lillyと一緒にこの曲のバックミュージックを担当したわ。
カニエが始めた頃の曲と、古いヴィンテージクラシックのサンプリング、そしてそれが私のスタイルなんだけど、それを組み合わせるのはとても新鮮だったわね。

この曲では、ブレイク前のJohn Legendと、Beyoncéを手掛けたことで知られるHarold Lillyがバックボーカルを務め、Kanye Westがプロデュースしたもので、贅沢な内容であったことを明かしています

この機会にオリジナルとともに、彼女の往年の名曲を聴きなおしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました