元ネタ・サンプリング Jay-Z feat. Alicia Keys – Empire State of Mind (2009) イントロのピアノループを聴いてジェイ・Zがアリシアを抜擢した?!

2000年代
2000年代J
スポンサーリンク

2001年にリリースされたJay-Z (ジェイ・Z)のアルバム「The Blueprint」は、アメリカ同時多発テロ事件と同時期に発売されたにもかかわらず、初週に42万7000枚以上を売り上げて全米チャート1位を獲得。

批評家からは、彼のリリックとプロダクションを賞賛し、ヒットソング「Girls, Girls, Girls」「Song Cry」が収められるなど、史上最高のヒップホップアルバムのひとつとされています。

翌年には続編「The Blueprint 2: The Gift & The Curse」(2002)で再び全米チャート1位を獲得し、現在の妻Beyoncéとの「’03 Bonnie & Clyde」は世界各国でチャート上位に入るヒットとなりました。

2009年に発表したシリーズ3作目の「The Blueprint 3」は、Jay-Zにとって11枚目の全米チャート1位となり、グラミー賞では収録曲を合わせると6部門にノミネートされ、この年を象徴する1枚になりました。

今回はこのアルバムから。Alicia Keys (アリシア・キーズ)をゲストに迎えた「Empire State of Mind」(2009)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Jay-Z feat. Alicia Keys – Empire State of Mind (2009)

スポンサーリンク

楽曲情報

Jay-Z (ジェイ・Z)
出身地 :ニューヨーク、ブルックリン
生年月日:1973年12月4日
ジャンル:Hip Hop

Alicia Keys (アリシア・キーズ)
出身地 :ニューヨーク
生年月日:1981年1月25日
ジャンル:R&B

レーベル
Atlantic Records
Roc Nation
Roc-A-Fella Records

プロデューサー
Janet Sewell
Angela Hunte
Al Shux

元ネタ・サンプリング
The Moments – Love on a Two-Way Street (1969)

スポンサーリンク

“Empire State of Mind” 元ネタ・サンプリング

The Moments – Love on a Two-Way Street (1970)

元ネタになったのは、ソウルグループThe Moments (ザ・モーメンツ)「Love on a Two-Way Street」(1969)です。

彼らと共にレーベル “All Platinum Records” に所属していたLezli Valentineが最初にこの曲をレコーディングした曲で、後にThe Momentsのアルバム「Not on the Outside, But on the Inside, Strong!」(1969)に収録するためレコーディングされました。

Lezli Valentine – Love On A Two Way Street

1970年にThe Momentsのアルバムからシングル化され、ソウルシングルチャートでは5週に渡って1位を獲得。

その後、100万枚を売り上げ、年間ソウルチャートで1位を獲得するなど彼らの代表曲の1つになりました。

またJay-Zはこの曲のピアノループを初めて聴いた後、Alicia Keysのことが頭に浮かび、彼女にこの曲のフィーチャリングをしてもらいたいとインタビューで明かしています。

スポンサーリンク

ジェイ・Zの電話でコラボレーションが実現

Alicia Keysは今作について次のように明かし、Jay-Zから「君なしではニューヨークのアンセムになり得ない」と連絡があったようです。

最初に電話がかかってきて、ジェイが『ニューヨークのアンセムになるような楽曲ができた気がする』と言ってきたのよ。
『ピアノも、スタイルも、全体の流れも、君なしにはニューヨークのアンセムになり得ないよ』ってね。
私は長い間、Jay-Zを尊敬しているわ。
『Reasonable Doubt』(Jay-Zのデビューアルバム)はずっと好きなアルバムだし、彼は長い間シーンに君臨してきた。
いつも何かコラボレーションをしようと思っていたんだけど、今回ついに実現したの。
もちろん、彼が私に声をかけてくれたことにとても感謝しているし、私の故郷を代表するような、そんな能力を持った人物であることに、クレイジーさを感じたわ。

この機会に、元ネタと併せて聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました