元ネタ・サンプリング Dua Lipa – Love Again (2020) 今作はアルバムに収録している中で一番好きな楽曲だった?!

2020年代
2020年代D
スポンサーリンク

Dua Lipa (デュア・リパ)のデビューアルバム「Dua Lipa」(2017)は、2017年にイギリスを含む14カ国でチャートのトップ10入りを果たし、イギリスのアルバムチャートでは3位を獲得しました。

収録曲「New Rules」(2017)は、は彼女にとって初の全英チャート1位となり、YouTubeでの再生回数は25億回を超えるヒット。

またこの曲を含め、8曲がシングルカットされ、Spotifyで最もストリーミングされた女性アーティストのアルバムになりました。

そんな彼女が、2020年にセカンドアルバム「Future Nostalgia」をドロップ。

今作は、Dua Lipa自身が幼少期に楽しんだ音楽にインスパイアされ、ダンスポップやディスコをテーマにした楽曲が多く収録されています。

今回はこのアルバムから「Love Again」(2020)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Dua Lipa – Love Again (2020)

スポンサーリンク

楽曲情報

Dua Lipa (デュア・リパ)
出身地 :イギリス、ロンドン
生年月日:1995年8月22日
ジャンル:Pop

レーベル
Warner Music Group

プロデューサー
KOZ
Stuart Price

元ネタ・サンプリング
Lew Stone & the Monseigneur Band feat. Al Bowlly – My Woman (1933)

スポンサーリンク

“Love Again” 元ネタ・サンプリング

Lew Stone & the Monseigneur Band feat. Al Bowlly – My Woman (1933)

元ネタになったのは、イギリス、ロンドン出身のLew Stone「My Woman」(1933)です。

この曲は、ロンドンのレストラン「モンセニュール」でのレジデントにちなんで名付けられたバンドthe Monseigneur Bandが発表したもので、ボーカルにAl Bowllyを迎えています。

1997年にイギリスのシンガーWhite Townがこの曲をサンプリングしてシングル「Your Woman」をリリースし、UKチャート1位を獲得。

さらに12カ国のチャートでトップ10入りを果たし、彼の代名詞的な楽曲となりました。

White Town – Your Woman (1997)

スポンサーリンク

終わりに

今作が収録されているアルバム「Future Nostalgia」は、31カ国のチャートでトップ10入りを果たし、グラミー賞「最優秀ポップボーカルアルバム賞」を受賞したDua Lipa

この曲について、次のように明かしています。

恋愛がうまくいかず、光がないように感じていたときに書いたものだわ。
自分自身を少し抱きしめてあげるための歌で、また恋に落ちることを希望している内容だったんだ。
すでに美しいストリングスがあったけど(マイアミのプロデューサーでソングライターの)Clarence Coffee JrがWhite Town「Your Woman」のサンプルを加えるという天才的なアイデアを出してくれたの。
この曲にはもっとダンサブルな要素が必要だったから、それがこの曲を後押ししてくれた。
難しい時期に書いた曲だけど、曲によってある状況から抜け出せることもあるわ。
安上がりなセラピーみたいなもので、この曲はアルバムの中で一番好きな曲だね。

彼女は楽曲制作に悩んでいたようですが、ソングライターのアイデアによってサンプリングを決意したようですね。

この機会に、元ネタと併せて聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました