グラミー賞を受賞した2019年を代表するHip Hop! 21 Savage feat. J. Cole – A Lot (2018) 元ネタあり

スポンサーリンク
2010年代
スポンサーリンク

プロフィール

21 Savage (21 サヴェージ)
出身地 :ジョージア州アトランタ
生年月日:28歳
ジャンル:Hip Hop

J. Cole (J コール)
出身地 :ノースカロライナ州ファイエットビル
生年月日:36歳
ジャンル:Hip Hop

プロデューサー
DJ Dahi

元ネタ
East Of Underground – I Love You (1971)


21 Savage feat. J. Cole – A Lot (2019)

21 Savage – a lot (Official Video) ft. J. Cole
スポンサーリンク

キャリア

イギリス、ロンドンで生まれ7歳の時にアトランタへ移住した21 Savage。彼は地元のストリートギャングに所属し、麻薬の売買や強盗などの犯罪行為に手を染め非行に走る10代を過ごしていました。同時にギャングの抗争で親友を亡くし、収監された経歴の持ち主です。そんな彼が21歳の誕生日の当日に、ギャングの銃撃戦でまたも親友を亡くしたのをきっかけに、ラッパーとしてのキャリアをスタートさせます。2015年にデビューミックステープを発表し、同年にプロデューサーのSonny Digitalと共にコラボEP「Free Guwop」をリリース。この作品は21 Savageの音楽キャリアで影響を受けたGucci ManeへのトリビュートEPとなり、収録曲の「Red Opps」はYouTubeでの再生回数は1億回を超えています。

21 Savage – Red Opps (2015)

21 Savage – Red Opps (Official Video) Shot By @AZaeProduction

翌年の2016年にはXXL誌の「Freshman Class」にLil Uzi Vert、Kodak Black等と共に選出され次世代ラッパーとして全米中の注目を集めることになります。

同年2016年に21 Savageの右腕とも言われるMetro BoominとコラボEP「Savage Mode」を発表し、R&B/Hip Hopアルバムチャート9位にランクイン。収録曲の「X」や「No Heart」は特にクラブで人気を博し、知名度を一気に広げた作品になりました。

21 Savage & Metro Boomin feat. Future – X (2016)

21 Savage & Metro Boomin – X ft Future (Official Music Video)

21 Savage & Metro Boomin – No Heart (2016)

21 Savage & Metro Boomin – No Heart (Official Music Video)

翌年には念願のデビューアルバム「Issa」をドロップし、全米アルバムチャート2位にランクイン。リードシングルの「Bank Account」は全米シングルチャート12位にランクインし、クラブではもちろんのこと世界各国のチャートにもランクインしたナンバーとなりました。余談ですがこれまでにご紹介した楽曲は、全てYouTubeでの再生回数は1億回を超えており、21 Savageの人気の高さが伺えます。

21 Savage – Bank Account (2017)

21 Savage – Bank Account (Official Music Video)

セカンドアルバム “I Am > I Was”

2018年にセカンドアルバム「I Am > I Was」をドロップ。この作品は全15曲収録されていますが、そのうち9曲が全米シングルチャートトップ100圏内にランクインすることで、彼のキャリアで初となる全米アルバムチャート1位に輝きました。またグラミー賞「ベストラップアルバム部門」にノミネートされるなど、評論家、オーディエンス共に評価の高い作品となりました。

元ネタ・サンプリング

表題曲の「A Lot」はこのアルバムに収録されています。この曲はEast Of Undergroundの「I Love You」をサンプリングしています。元ネタはこちら。

A Lot」の0:00〜
I Love You」の0:07〜

East Of Underground – I Love You (1971)

East Of Underground – I Love You

1971年にドイツに駐留していたアメリカ人兵士たちによって結成された7人組の多民族バンドのEast Of Undergroundの1971年作。当時、陸軍が開催したショーバンド・コンテストで2位を獲得。その賞品として、ドイツのフランクフルトにある軍隊ラジオ・ネットワークのレコーディング施設で、アルバム1枚分の楽曲を制作したのが今作とか。またこの曲はThe Fuzzの「I Love You for All Seasons」をカバーしたもので、21 Savageがサンプリングしたのはカバーしたバージョンになりました。

The Fuzz – I Love You for All Seasons (1971)

The Fuzz – I Love You For All Seasons

A Lot

この曲はアルバムから2019年にシングルカットされ、グラミー賞「ベストラップソング部門」で受賞。さらにBillboardからは “この年で6番目に優れた楽曲” と評論家からも高い評価を受けました。特にEast Of Undergroundの「I Love You」をサンプリングしたのが評価の高いポイントだったのかもしれません。ビートは見事にサンプリングされたフレーズがループされ、近年のロービートに仕上がったところに21 Savageの独特のフロウがクールにハマっています。もちろんJ. Coleも突き刺さりリリックを随所に入れており◎
曲中ではギャングに所属していた時の話や、刑務所での生活など、これまでにハードな生活を送っていた様子を歌にしています。

2020年にはMetro Boominと再タッグを組み、先ほどの続編となるアルバム「Savage Mode II」が全米アルバムチャート1位に輝いています。まだ20代の彼らからは今後も目が離せません!

紹介した楽曲についてのダウンロード、購入リンクはこちら。お気に入りの楽曲があれば購入してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました