Pop Smoke feat. 50 Cent & Roddy Ricch – The Woo (2020) 2000年代を代表するナンバーをサンプリング! 元ネタあり

2020年代

Pop Smoke (ポップ・スモーク)
出身地 :ニューヨーク、ブルックリン
生年月日:1999年7月20日
ジャンル:Hip Hop
没年月日:2020年2月19日 (20歳)

50 Cent (フィフティ・セント)
出身地 :ニューヨーク、クイーンズ
生年月日:1975年7月6日
ジャンル:Hip Hop

Roddy Ricch (ロディ・リッチ)
出身地 :カリフォルニア州コンプトン
生年月日:1998年10月22日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Republic Records
Victor Victor Worldwide

プロデューサー
808Melo
JW Lucas
Rxcksta
DJ Drewski
K-Mack
Ray Lennon
Billy J
J. Jackson

元ネタ・サンプリング
50 Cent feat. Olivia – Candy Shop (2005)

Pop Smoke feat. 50 Cent & Roddy Ricch – The Woo (2020)

Pop Smoke – The Woo ft. 50 Cent, Roddy Ricch
スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

2020年の2月に亡くなり、死後リリースされたデビューアルバム「Shoot for the Stars, Aim for the Moon」は全米アルバムチャート1位に輝いたPop Smoke (ポップ・スモーク)。この作品はセカンドシングルとしてリリースされた「The Woo」の客演でも参加し、アルバムのエグゼクティブプロデューサーを務めた50 Cent (フィフティ・セント)の「Candy Shop」をサンプリングしています。元ネタはこちら。

50 Cent feat. Olivia – Candy Shop (2005)

50 Cent – Candy Shop (Official Music Video) ft. Olivia

ニューヨーク、クイーンズ出身のラッパー50 Centの2005年作。彼のセカンドソロアルバム「The Massacre」からリードシングルとしてリリースされ全米シングルチャート1位に輝きました。またアルバムは発売初週に115万枚を記録し、年間アルバムチャート1位に輝くなど、50 Cent一色の年になりました。

スポンサーリンク

The Woo

この曲は全米シングルチャート11位、イギリスチャートでも9位にランクインしPop Smoke のキャリア初の全英チャートTop10入りを果たした楽曲になりました。またMVの監督にはDJ KhaledやCardi Bの作品を手掛けたEif Riveraが務めています。彼は今作のMVはDr. Dre、Snoop Dogg、Akonのヒットシングル「Kush」のMVの駐車場のシーンからインスピレーションを得て制作したと言われています。比較してみると色味が似ていますね。

Dr. Dre feat. Snoop Dogg, Akon – Kush (2010)

Dr. Dre – Kush ft. Snoop Dogg, Akon

またPop Smokeの死後に作られたMVでありながら、健在しているように見えることや、スタジオで楽しんでいる様子が映されていることに関して、評論家からも非常に高い評価を得ています。2020年ロングヒットとなった楽曲が収録されているアルバム「Shoot for the Stars, Aim for the Moon」と併せてこの機会に聞いてみてはいかがでしょうか。

記事で紹介した楽曲についてのダウンロードリンクはこちらになります。お気に入りの楽曲があれば購入して頂けると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました