275. Doja Cat – Freak (2018) 元ネタあり

スポンサーリンク
D

こんにちは。

本日はこちらをご紹介。
Doja Cat – Freak (2018)

カリフォルニア州ロサンゼルス出身のシンガー兼
ラッパー、ライターの24歳、Doja Catをご紹介。

10代の時にSoundCloudで音源を
リリースしていた彼女。
その後17歳でレーベルと契約し
2018年にデビューアルバム「Amala」をリリース。

Doja Cat – Amala (2018)
R-12110488-1528511862-5844.jpeg

そして昨年リリースのセカンドアルバム
「Hot Pink」に収録されている
「Say So」で全米No.1になりました。
Nicki Minajをフーチャーしたバージョンも
話題になりましたよね。

Doja Cat – Say So (2019)

当ブログでもこちらの楽曲について記事にしていますので
見て頂けたら嬉しいです。

64. Doja Cat – Say So (2019)

181. Doja Cat feat. Nicki Minaj – Say So Remix (2020) 元ネタあり

本楽曲に話を戻しますが
本作「Freak」は2018年にSoundCloud上で
既にリリースされたものでしたが
改めてシングルとしてストリーミングサービス上で
リリースされることになりました。
彼女のInstagram上でアナウンスされています。

彼女のアカウントになりますので
興味ある方は見てみてください〜。
https://www.instagram.com/dojacat/?hl=ja

本楽曲のプロデューサーには
Doja Cat本人とCambo Music。

Cambo Musicはカリフォルニア州ロサンゼルスに
拠点を置きプロデューサー、ライター
エンジニアとして活動しています。

過去に手掛けた作品はDoja Catの作品が多く
先ほどご紹介したデビューアルバムを数曲
手掛けています。

Doja Cat – Candy (2016)

Doja Cat – Body Language (2018)

そんな彼らが手掛けた本楽曲はサンプリングしています。
元ネタはこちら。

Paul Anka – Put Your Head On My Shoulder (1959)

カナダ系アメリカ人のPaul Ankaの
1959年リリースのこちら。
シングルとして当時リリースされ
ビルボードホット100で2位にランクインしています。

その後、映画の挿入歌に使われ再び人気が出たりもしています。
また世界各国でカバーもされており
スペイン語バージョンなどもリリースされています。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
明日も朝7時にブログを更新しますので
また遊びに来てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました