元ネタ・サンプリング Chance the Rapper feat. Noname – Lost (2013) ミックステープの制作にLSDの存在が明らかに・・・

2010年代
2010年代C
スポンサーリンク

高校時代に校内でマリファナを所持して10日間の停学処分を受けたChance the Rapper (チャンス・ザ・ラッパー)は、その間にミックステープの制作を始め、2012年にデビューミックステープ「10 Day」をリリース。

無料デジタルダウンロードでリリースされたこの作品は、ミックステープサイトDatPiffで約60万のストリーミング、40万回以上のダウンロードを記録し、彼の地元シカゴで多くのファンを獲得しました。

それから約1年後に発表した2枚目のミックステープ「Acid Rap」(2013)は、DatPiff100万ダウンロードを記録しダイヤモンド認定され、BET Hip Hop Awardsでは「ベストミックステープ」にノミネート。

さらにローリングストーン誌による「2013年のベストミックステープ」で1位を獲得し、オバマ元大統領が2016年夏のプレイリストに収録曲「Acid Rain」を入れるなど、多くのオーディエンスに注目されるようになりました。

今回は、このミックステープから「Lost」(2013)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタと制作の裏側について解説します。

Chance the Rapper feat. Noname – Lost (2013)

スポンサーリンク

楽曲情報

Chance the Rapper (チャンス・ザ・ラッパー)
出身地 :イリノイ州シカゴ
生年月日:1993年4月16日
ジャンル:Hip Hop

Noname
出身地 :イリノイ州シカゴ
生年月日:1991年9月18日
ジャンル:Hip Hop

プロデューサー
Nate Fox

元ネタ・サンプリング
Willie Hutch – Brother’s Gonna Work It Out (1973)

スポンサーリンク

“Lost” 元ネタ・サンプリング

Willie Hutch – Brother’s Gonna Work It Out (1973)

元ネタになったのは、テキサス州ダラス出身のシンガー兼プロデューサーWillie Hutch (ウィリー・ハッチ)「Brother’s Gonna Work It Out」(1973)です。

彼は、作詞を担当したJackson 5のシングル「I’ll Be There」(1970)のヒットで注目を集め、レーベルMotownのCEOの目に留まり、すぐさま契約を交わします。

1973年、移籍後初のアルバム「Fully Exposed」をリリースし、また同年公開の映画「The Mack」のサントラをWillie Hutchが手掛けています。

またこのサントラには、UGKのシングル「Int’l Players Anthem」(2007)の元ネタとしても知られる「I Choose You」も収録されています。

「I Choose You」の記事はこちら。

「Brother’s Gonna Work It Out」は、このサントラに収録されたほか、シングルでもリリースされてブラックシングルチャート18位を記録。

その後、Dr. DreR. Kellyなど40曲以上でサンプリングされ、再び脚光を浴び、サンプリングソースとしても知られる曲となりました。

Dr. Dre feat. RBX & Snoop Dogg – Rat-Tat-Tat-Tat (1992)

R. Kelly – Back To The Hood Of Things (1993)

スポンサーリンク

今作でLSDの存在が明らかに・・・

ミックステープ「Acid Rap」について、Chance the Rapperは次のように明かしています。

高校を出て、大学にも行かず、LSDを体験したような話をしているんだ。
新しく聴き始めた音楽は、とても重いアシッドジャズのベースなんだ。
本当に良い曲ばかりで、素晴らしい曲の集まりで、まさに『10Day』のような感じだね。
でも、ストーリーがあるというよりは、本当に良いアルバムなんだ。

タイトルの「Acid」とは、LSDのことを指しており、制作中にLSDの使用を認め次のように明かしています。

「Acid Rap」には多くのアシッド(LSD)が関わっていた。
つまり30〜40パーセントのアシッド…もっと言えば30パーセントはアシッドだよ。
テープの制作中、長い間とても興味を持っていたことではあるけれど、必ずしも大きな要因では全くないよ。
むしろ、ブースター、燃料のようなものだったんだ。

Chance the Rapperは、LSDがミックステープの制作中に使用したこを明かしましたが、あくまで制作のモチベーションを保つものだったようです。

また彼は「Lost」でゲスト参加したNonameについて「最高のゲストバース」と高く評価しています。

俺が誰かからもらった最高のゲストバースは「Lost」のNonameのバースだ。
彼女はそれを打ち破った。本当にクールなことだった。
Nonameとは14歳のときから知り合いなんだ。
俺がまだ子供でリリックを書こうとしていた頃、彼女は早い頃から文章を書くことに夢中になっていたんだ。

Chance the Rapperが絶賛するNonameのバースが加わったこの曲とミックステープを、改めて聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました