元ネタ・サンプリング dvsn & Ty Dolla $ign – Memories (2021) 元ネタはKeith Sweatがプロデュース!

2020年代
2020年代D
スポンサーリンク

Drake率いるレーベルOVO Soundに所属し、これまでに3枚のアルバムを発表してきたdvsn (ディヴィジョン)

2020年にリリースしたアルバム「A Muse in Her Feelings」は、デラックスエディションを発表するなど、これまでで最もヒットした作品になりました。

そんな彼らが、世界各国のアーティストの客演業をこなすTy Dolla $ign (タイ・ダラー・サイン)とコラボレーションアルバム「Cheers to the Best Memories」をリリース。

先行シングルの「I Believed It」は故Mac Millerがゲスト参加するなど、話題を集める1曲になりました。

今回はこの中からセカンドシングルにもなった「Memories」をピックアップ。

この曲は、90年代に活躍したR&Bグループを大胆にもイントロからサンプリングしています。

元ネタについて解説します。

dvsn & Ty Dolla $ign – Memories (2021)

スポンサーリンク

楽曲情報

dvsn (ディヴィジョン)
結成  :2015年
ジャンル:R&B
メンバー:Daniel Daley, Nineteen85

Ty Dolla $ign (タイ・ダラー・サイン)
出身地 :カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日:1982年4月13日
ジャンル:R&B, Hip Hop

レーベル
OVO Sound
Warner Records

プロデューサー
40
Nineteen85

元ネタ・サンプリング
Silk – Freak Me (1992)

スポンサーリンク

“Memories” 元ネタ・サンプリング

Silk – Freak Me (1992)

元ネタになったのは、ジョージア州アトランタで結成したR&BグループSilk (シルク)「Freak Me」(1992)です。

この曲は彼らが前座を務めていたシンガーKeith Sweatがプロデュースし、彼らのデビューアルバム「Lose Control」からセカンドシングルとしてリリース。

全米チャート1位を獲得し、R&Bシングルチャートでは8週に渡って1位に輝くなど、彼らを代表するナンバーとなりました。

またイギリス出身のボーイズバンドAnother Levelが、1998年にこの曲のカバーをリリースし、UKチャート1位を獲得。

イギリスで41万5千枚以上を売り上げ、1990年代のボーイズバンドのシングルとしては17番目に売れた曲にもなりました。

Another Level – Freak Me (1998)

スポンサーリンク

終わりに

イントロからサンプリングするも、彼らのボーカル力が光るナンバーとなった「Memories」

アルバムからは他にも多数良曲が収録されており、dvsnが大きくブレークする日が近いかもしれませんね。

この機会にアルバムと併せて聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました