元ネタ・サンプリング Lil Jon & The East Side Boyz feat. Usher & Ludacris – Lovers and Friends (2004) 著作権の問題で、シングル化したくなかった?!

2000年代
2000年代L
スポンサーリンク

アトランタを拠点に「Get Low」「Yeah!」をヒットさせ、南部のヒップホップをメインストリームに押し上げた1人でもあるLil Jon (リル・ジョン)

2004年にthe East Side Boyzと発表したコラボレーションアルバム「Crunk Juice」は収録曲の「What U Gon’ Do」がクラブアンセムとなり、アルバムは全米チャート3位とヒット。

その年の年間R&B/Hip Hopアルバムチャート6位にランクインするなど、この年を象徴する作品になったのではないでしょうか。

今回はこのアルバムからこれまでのスタイルと一線を画す、スローなR&Bソング「Lovers and Friends」をピックアップ。

アトランタを代表するUsher (アッシャー)Ludacris (リュダクリス)が参加した贅沢な1曲を解説します。

Lil Jon & The East Side Boyz feat. Usher & Ludacris – Lovers and Friends (2004)

スポンサーリンク

楽曲情報

Lil Jon (リル・ジョン)
出身地 :ジョージア州アトランタ
生年月日:1971年1月17日
ジャンル:Hip Hop

Usher (アッシャー)
出身地 :ジョージア州アトランタ
生年月日:1978年10月14日
ジャンル:R&B

Ludacris (リュダクリス)
出身地 :ジョージア州アトランタ
生年月日:1977年9月11日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
BME Recordings
TVT Records

プロデューサー
Lil Jon

元ネタ・サンプリング
Michael Sterling – Lovers and Friends (1990)

スポンサーリンク

“Lovers and Friends” 元ネタ・サンプリング

Michael Sterling – Lovers and Friends (1990)

元ネタになったのは、フロリダ州マイアミ出身のシンガーMichael Sterling (マイケル・スターリング)Lovers and Friends」(1990)です。

彼はレゲエバンドInner Circleにギタリスト、ボーカルで参加し、彼らのシングル「Bad Boys」(1986)のヒットで知名度を広げていきます。

バンドの世界ツアーに同行後、ソロアーティストとして本格的にキャリアをスタート。

これまでに11枚のアルバムを発表し、上述した「Lovers and Friends」は、1990年にリリースした「Trouble」に収録しています。

Inner Circle – Bad Boys (1986)

スポンサーリンク

終わりに

Lil JonMichael Sterling「Lovers and Friends」をストリップクラブで流すと好評だったことから、この曲を制作することになったと明かしています。

またUsherのアルバム「Confessions」(2004)に収録するため、デモ音源をUsherに渡したところ、アルバムはすでに完成し、本人はこの曲を聴いていなかったため収録されませんでした。

それを知ったLil Jonはビートを録り直し、自身のアルバムに収録することになりました。

Lil Jonのアルバムのリリース後、シングル化していないものの、DJがラジオやクラブでプレイすると人気を集めて全米チャート3位とヒット。

スマッシュヒットになったものの、Michael Sterlingへのロイヤリティーや著作権のクリアについての法的な処理が複雑だったため、敢えてシングル化を避けていたようです。

そんな逸話があるこの曲は、2013年に行われたSo So Def Recordingsの創設から20周年のコンサートで、披露し会場を沸かせました。

彼らの隠れた名曲となった「Lovers and Friends」。この機会に元ネタと併せて聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました