元ネタ・サンプリング Gunna & Chlöe – You & Me (2022) アートワークはポケモンやキム・ジョーンズとコラボしたあの人!

2020年代
2020年代G
スポンサーリンク

Gunna (ガンナ)は、パンデミックの影響でセカンドアルバム「Wunna」の公開が遅れましたが、2020年にリリースされると、1週間で1億回以上のストリーミングを記録。

デビューアルバム「Drip or Drown 2」(2019)を上回り、自身初の全米チャート1位を獲得しました。

そんな彼が3枚目のアルバム「DS4EVER」(2022)をドロップ。

アルバムについての記事はこちら。

今回はこのアルバムから「You & Me」(2022)をピックアップ。

姉妹R&BデュオChloe x HalleChlöe (クロイ)をゲストに迎え、R&Bテイストのナンバーに仕上がりました。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Gunna & Chlöe – You & Me (2022)

スポンサーリンク

楽曲情報

Gunna (ガンナ)
出身地 :ジョージア州アトランタ
生年月日:1993年6月14日
ジャンル:Hip Hop

Chlöe (クロイ)
出身地 :ジョージア州アトランタ
生年月日:1998年7月1日
ジャンル:R&B
所属  :Chloe x Halle

レーベル
Young Stoner Life
300 Entertainment

プロデューサー
lvl35dav
Aldaz
Taurus

元ネタ・サンプリング
Jon B. – They Don’t Know (1997)

スポンサーリンク

“You & Me” 元ネタ・サンプリング

Jon B. – They Don’t Know (1997)

元ネタになったのは、カリフォルニア州パサデナ出身のシンガーJon B.の「They Don’t Know」(1997)です。

彼のセカンドアルバム「Cool Relax」(1997)に収録し、同アルバムから3枚目のシングルとしてもリリースされました。

シングルは全米チャート7位を記録し、これまでの彼のキャリアの中で最もヒットしたナンバーになりました。

またこの曲のフックは、AaliyahをフィーチャーしたChris Brown「Don’t Think They Know」(2013)でも引用され、Snoop Dogg「D.O.G.’s Get Lonely 2」(1998)にはJon B.がゲスト参加し、メロディをサンプリングしています。

Chris Brown feat. Aaliyah – Don’t Think They Know

Snoop Dogg feat. Jon B. – D.O.G.’s Get Lonely 2 (1998)

スポンサーリンク

終わりに

アルバム「DS4EVER」(2022)のアートワークは、ニューヨークを拠点に活動する現代アーティストDaniel Arshamによるものです。

彼は、ファッションデザイナーのキム・ジョーンズや、ソニーが販売するペットロボット “AIBO” のデザインした空山基とも仕事した、今最も注目されているアーティストの1人です。

日本でも個展が開かれ、2020年にはポケモンとのコラボレーションによる展覧会も催しました。

Daniel Arshamは、このプロジェクトに参加することになった経緯を次のように語っています。

俺は長い間Gunnaの音楽のファンで、数ヶ月前に彼が俺の作品についてDMで質問してきたときは嬉しかったよ。
彼は、俺が作る作品がどのように作られているのか、とても興味を示していたんだ。
俺が使っているクリスタルの素材や、作品の中に存在するタイムトラベルや未来というアイデアに興味を持ったようだね。
何度か直接会って話をしたんだけどある時、彼からDS4のアルバムジャケットを一緒に作らないかと誘われたんだ。
音楽、彼のビジョン、そして彼の分身であるWunna(アルバム)のファンである俺にとって、彼とこの立場で仕事をすることは非常に興味深かったよ。

GunnaのファンであったDaniel Arshamは、彼からアルバム制作を依頼されたことが嬉しかったこと、そしてGunnaが以前から彼の作品に興味を持っていたことを明かしました。

またアートワークは、Gunnaの体を3Dスキャンして作成したことも明かしています。

今回は、俺がいつもは少し違う方法で制作してみたんだ。
できるだけ多くのディテールを得るために、彼の頭や胴体全体を3Dスキャンし、ジュエリーやチェーン、サングラスの細部にまでこだわったんだ。
それから40~50種類のデザインを繰り返し、最終的にこのカバーが完成したよ。
DS4が世に出ること、そして彼が作ったものをみんなが見たり聞いたりできることを楽しみにしている。 
俺たちが一緒に仕事をするのは、これが最後ではないよ。

この機会に、元ネタと併せて聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました