元ネタ・サンプリング Kanye West – Stronger (2007) 70回に渡りミキシングするも、満足いかなかった?!

2000年代
2000年代 K
スポンサーリンク

Kanye West (カニエ・ウェスト)
出身地 :イリノイ州シカゴ
生年月日:1977年6月8日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Roc-A-Fella Records
Def Jam Recordings

プロデューサー
Kanye West
Mike Dean
Timbaland

元ネタ・サンプリング
Daft Punk – Harder, Better, Faster, Stronger (2001)

Kanye West – Stronger (2007)

Kanye West – Stronger
スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

Kanye West (カニエ・ウェスト)の3枚目のアルバム「Graduation」からリードシングルとしてリリースされたこの曲。Kanye Westは8人のオーディオエンジニアと11人のミックスエンジニアと協力して制作し、75回以上のミキシングを行ったとも言われています。しかし本人は満足のいく作品にならず、名プロデューサーのTimbalandの助けを借りることに。彼がドラムのプログラミングを再構築したことで、ダイナミックで迫力のあるビートに仕上がっています。
そんな経緯があるこの曲はDaft Punkの「Harder, Better, Faster, Stronger」をサンプリングしています。元ネタはこちら。

Daft Punk – Harder, Better, Faster, Stronger (2001)

Daft Punk – Harder Better Faster (Official Video)

フランスのパリで結成されたエレクトロダンスミュージックデュオDaft Punk (ダフト・パンク)の2001年作。彼らのセカンドアルバム「Discovery」から4枚目のシングルとしてリリースされ、UKダンスチャート3位、全米ダンスクラブチャート3位にランクイン。
MVの制作はDaft Punkが行い、松本零士監修のもと、東映アニメーションの竹野内和久が監督を務めたことでも話題になりました。これはDaft Punkの代表曲「One More Time」でも日本人の彼らが手掛けたアニメ映画「ディスカバリー」から抜粋したものになっています。この曲は記事にしていますので、そちらも併せて見て頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク

Stronger

ボコーダーを使ったファンキーなナンバーを見事にサンプリングしたこの曲は、全米チャート1位、UKチャート1位に輝き、世界10カ国のチャートでTop10内にランクインを果たしました。またグラミー賞「最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞」を受賞し、ローリングストーン誌から年間最優秀曲にも選出されています。またジャケットのデザインはアルバム「Graduation」のアートワークも制作した、日本人アーティスト村上隆が手掛けています。

スポンサーリンク

プロデューサー

プロデューサーにはKanye WestMike DeanTimbalandが手掛けています。この中でもMike DeanはこれまでにKanye WestとJay-Zの「Ni**as In Paris」を手掛け、R&B/Hip Hopチャート1位に輝き、現代におけるクラブアンセムに入る名曲となりました。

Jay-Z & Kanye West – Ni**as In Paris (2011)

Jay-Z & Kanye West – Ni**as In Paris (Explicit)

Mike Deanは2PacやTravis Scott、Beyonce、The Weekndなどの世界屈指のトップアーティストを手掛けてきました。キャリアも長く、業界のパイオニアがどんなアプローチを仕掛けてくるのか?今後の活動にも要注目です。

また「Stronger」はKanye Westの名曲の1つとも言える作品です。この機会に元ネタと併せて聞いてみてはいかがでしょうか。

記事で紹介した楽曲についてのダウンロードリンクはこちらになります。お気に入りの1曲があれば購入して頂けると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました