元ネタ・サンプリング Kehlani – wish i never (2022) スリック・リックのアノ名曲をサンプリング!

2020年代
2020年代K
スポンサーリンク

2017年にデビューアルバム「SweetSexySavage」で全米チャート3位にランクインし、収録曲の「Gangsta」は映画「スーサイド・スクワッド」でも使用され、YouTubeでは3億回再生を記録したKehlani (ケラーニ)

2019年には、彼女のギターを担当しているJavaughn Young-Whiteとの間に娘を出産し、翌年にセカンドアルバム「It Was Good Until It Wasn’t」(2020)をリリースし、全米チャート2位を記録。

パンデミックの最中にリリースされたこともあって、リードシングル「Can I」のMVは、自身が監督を務めて自宅で撮影されて注目を集めました。

「Can I」の元ネタの記事はこちら。

そんな彼女が、2022年に3作目のアルバム「blue water road」をドロップ。

今作では、前述したデビューアルバム「SweetSexySavage」(2017)から彼女をプロデュースし、Ariana GrandeNicki Minajなどのヒットソングを手掛けたPop Wanselがエグゼクティブプロデューサーを務めています。

今回は、このアルバムから「wish i never」(2022)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Kehlani – wish i never (2022)

スポンサーリンク

楽曲情報

Kehlani (ケラーニ)
出身地 :カリフォルニア州オークランド
生年月日:1995年4月24日
ジャンル:R&B, Hip Hop

レーベル
Atlantic Records
TSNMI

プロデューサー
Pop Wansel
Rogét Chahayed

元ネタ・サンプリング
Slick Rick – Children’s Story (1988)

スポンサーリンク

“Wish I Never” 元ネタ・サンプリング

Slick Rick – Children’s Story (1988)

元ネタになったのは、ニューヨーク、ブロンクス出身のラッパーSlick Rick (スリック・リック)「Children’s Story」(1988)です。

彼はイギリス、ロンドンでジャマイカ人の両親もとに生まれ、その後ニューヨークに移住。

ラッパーのDoug E. Freshに見出され、1986年にDef Jam Recordsと契約を交わし、1988年にデビューアルバム「The Great Adventures of Slick Rick」をリリース。

The Source誌から5マイクの満点を獲得するなど高く評価され、ラッパーのNasがお気に入りのアルバムの1つに挙げ、次のようにコメントしています。

『音楽の絵本』なんだ。
イギリス訛りのあるニューヨーカーが、今までの音楽にはなかった想像力を発揮しているんだ。
彼はとにかくすごいんだ。

アルバムに収録された「Children’s Story」は、R&Bシングルチャートとラップトラックスチャートの両方でトップ5入りを果たすヒットとなりました。

また前述したのNasMontell Jordanのヒット曲「This Is How We Do It」をはじめ、現在までに100曲以上でサンプリングされています。

Nas feat. Kanye West – Cops Shot The Kid (2018)

Montell Jordan – This Is How We Do It (1995)

スポンサーリンク

終わりに

前作のアルバムは、パンデミックの影響を受けながらもリリースに至りましたが、今作をリリースするにあたり、Kehlaniは未だ生活が戻っていないことを次のように明かしています。

今、起こっていることはすべてヘビーなの。
今は、重い時期でないだけでなく『いつになったら元に戻るんだ?』という考えから抜け出し『これが私たちの新しい日常よ』という感じになってきているわ。
大切な人が亡くなったり、ウイルスに感染したりしたことがない私が言うのもおこがましいんだけどね。
人には何らかの温もりが必要だと思うから、ポジティブを中心に考えるマインドセットにしているの。

この機会に、元ネタと併せて聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました