元ネタ・サンプリング Kendrick Lamar feat. Taylour Paige – We Cry Together (2022) 映画で活躍中の女優をゲストに抜擢!

2020年代
2020年代K
スポンサーリンク

2022年に約5年振りとなるソロ名義での新曲を発表して、話題となったKendrick Lamar (ケンドリック・ラマー)ですが、5枚目のアルバム「Mr. Morale & The Big Steppers」(2022)をドロップ。

今作は、2018年にリリースされた映画「ブラックパンサー」のサントラ以来となるフルアルバムで、ソロアルバムでは「Damn」(2017)以来、約5年振りの新作となりました。

また、自身初の2枚組で「Big Steppers」と「Mr. Morale」の2部構成の9曲ずつ、計18曲を収録しています。

今回はこのアルバムから、多くの映画に出演し、2020年公開のコメディ映画「Zola」ではインディペンデントスピリットアワードで「最優秀女性主人公賞」を受賞したTaylour Paige (テイラー・ペイジ)との「We Cry Together」(2022)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Kendrick Lamar feat. Taylour Paige – We Cry Together (2022)

スポンサーリンク

楽曲情報

Kendrick Lamar (ケンドリック・ラマー)
出身地 :カリフォルニア州コンプトン
生年月日:1987年6月17日
ジャンル:Hip Hop

Taylour Paige (テイラー・ペイジ)
出身地 :カリフォルニア州サンタモニカ
生年月日:1990年10月5日

レーベル
Aftermath Entertainment
Interscope Records
Top Dawg Entertainment
Universal Music Group

プロデューサー
Bēkon
J.LBS
The Alchemist

元ネタ・サンプリング
Florence & the Machine – June (2018)

スポンサーリンク

“We Cry Together” 元ネタ・サンプリング

Florence & the Machine – June (2018)

元ネタになったのは、イギリス出身のインディーロックバンドFlorence & the Machine (フローレンス・アンド・ザ・マシーン)「June」(2018)です。

彼らの2009年にリリースしたデビューアルバム「Lungs」は、65週に渡ってトップ40入りし、UKチャート1位を獲得。

デビュー作ながら2009年、2010年に最も売れたアルバムの1枚に数えられ、収録曲の「Dog Days Are Over」がYouTubeで1億6000万再生を記録。

セカンドアルバム「Ceremonials」(2011)サードアルバム「How Big, How Blue, How Beautiful」(2015)で、3作連続でUKチャート1位を獲得。

「How Big, How Blue, How Beautiful」は、世界8ヵ国のチャートで1位に輝き、20ヵ国のチャートでトップ10入りを果たし、世界各国のオーディエンスを魅了した作品になりました。

Kendrick Lamarにサンプリングされた「June」(2018)は、彼らの4枚目のアルバム「High as Hope」(2018)に収録し、イギリス、アメリカのチャートで2位を獲得。

このアルバムは、EminemBruno MarsKanye Westなどを手掛ける名プロデューサーEmile Haynieがエグゼクティブプロデューサーを務め、リードボーカルを務めるFlorence Welchも初のエグゼクティブプロデューサーで名を連ねています。

スポンサーリンク

終わりに

Kendrick Lamarは、アルバムのリリースと同時にプロモーションのため、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オセアニアを回る65日間のツアー『The Big Steppers Tour』を発表。

このツアーには、2021年にコラボレーションしたBaby Keemと、Kendrick LamarのレーベルpgLangと契約しているTanna Leoneがオープニングアクトを務めることが発表されるなど、今後も彼らの動向から目が離せませんね。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました