元ネタ・サンプリング Luniz feat. Mike Marshall – I Got 5 on It (1995) マリファナの曲を歌って大ヒット?!

1990年代
1990年代L
スポンサーリンク

1994年にYukmouthNumskullによって結成された、カリフォルニア州オークランド出身のラップデュオのLuniz (ルーニーズ)

彼らは1995年にデビューアルバム「Operation Stackola」をリリースし、R&B/Hip Hopチャート1位を獲得。

全米チャートでもトップ20入るヒットとなり、一躍注目を集めた作品になりました。

今回は、彼らのデビューアルバムからシングル「I Got 5 on It」(1995)をピックアップ。

マリファナを歌ったこの曲は、全米チャート8位、UK R&Bチャート1位、オランダチャートでも1位と世界各国でヒットしました。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Luniz feat. Mike Marshall – I Got 5 on It (1995)

スポンサーリンク

楽曲情報

Luniz (ルーニーズ)
結成  :1994年
ジャンル:Hip Hop

Michael Marshall (マイケル・マーシャル)
出身地 :カリフォルニア州バークレー
生年月日:1965年10月6日
ジャンル: R&B

レーベル
Virgin Records
Noo Trybe Records
C-Note Records

プロデューサー
Tone Capone

元ネタ・サンプリング
Club Nouveau – Why You Treat Me So Bad (1986)

スポンサーリンク

“I Got 5 on It” 元ネタ・サンプリング

Club Nouveau – Why You Treat Me So Bad (1986)

元ネタになったのは、カリフォルニア州サクラメントで結成したR&BグループClub Nouveau (クラブ・ヌーヴォー)「Why You Treat Me So Bad」(1986)です。

彼らは、1985年に前身となるR&BグループTimex Social Clubは、Marcus Thompsonが結成し、シングル「Rumors」(1986)がR&Bチャート1位を獲得。

Timex Social Club – Rumors (1986)

この曲のヒットにより、Beastie BoysLL Cool Jと共にRun DMCのツアーに参加。

そのほかにもNew EditionMidnight StarS.O.S. BandKool & the Gangなどの前座を務めるなど、業界から注目を浴びていました。

しかし「Rumors」の成功後、グループは解散。

その後、グループのプロデューサーだったJay Kingは、1986年にClub Nouveauを結成し、デビューアルバム「Life, Love & Pain」(1986)をリリース。

このアルバムに収録された「Why You Treat Me So Bad」はシングルカットされて、R&Bチャート2位を記録。

1999年には同ネタを使用してPuff Daddyがシングル「Satisfy You」(1999)をリリース。

この曲は「I Got 5 on It」とは対照的に「パートナーとの愛」についてラップしたもので、R&B/Hip Hopチャート1位を獲得。

グラミー賞「Best Rap Performance by a Duo or Group」にノミネートされるヒットソングになりました。

Puff Daddy feat. R. Kelly – Satisfy You (1999)

スポンサーリンク

終わりに

今作の「I Got 5 on It」は、Timex Social Clubでコーラスを務めたMichael Marshall (マイケル・マーシャル)がゲスト参加し、オリジナルの雰囲気を引き継いだように感じます。

さらにDru DownE-40Richie RichShock GSpice 1をフィーチャーしたRemixも発表されて、ヒットを後押しした形になりました。

また音楽メディア誌Complexが発表した「The 50 Greatest Bay Area Rap Songs」では1位に選出され、ベイエリアのヒップホップシーンに大きな影響を与えた曲でもあります。

この機会に元ネタと併せて聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました