元ネタ・サンプリング Sevyn Streeter – Taboo (2021) Alexander O’Nealをイントロからサンプリング!

2020年代
2020年代S
スポンサーリンク

BeyoncéMarioのツアーのオープニングアクトを務め、その後Chris Brownのレーベル “CBE” と契約したSevyn Streeter (セヴン・ストリーター)

2013年にChris Brownがゲスト参加したシングル「It Won’t Stop」がR&B/Hip Hopチャートで2位を獲得し、YouTubeでの再生回数が2億回を超えるなど、彼女の最も人気のある曲の1つとなっています。

またChris BrownAriana GrandeAlicia Keysなどにも楽曲提供を行うなど、そのマルチな才能は業界からも注目されています。

そんな彼女が、約4年振りとなるアルバム「Drunken Wordz Sober Thoughtz」(2021)をドロップ。

収録曲には、Chris BrownA$AP Fergとの「Guilty」の他、BIAJeremihLucky Dayeなどがゲスト参加しています。

今回はこの中から、彼女がしっとりと歌い上げる「Taboo」をピックアップ。

80年代の大ネタをサンプリングしたこの曲の元ネタを解説します。

Sevyn Streeter – Taboo (2021)

スポンサーリンク

楽曲情報

Sevyn Streeter (セヴン・ストリーター)
出身地 :フロリダ州ヘインズシティ
生年月日:1986年7月7日
ジャンル:R&B

レーベル
Entertainment One Music

プロデューサー
D’Mile

元ネタ・サンプリング
Alexander O’Neal – If You Were Here Tonight (1985)

スポンサーリンク

“Taboo” 元ネタ・サンプリング

Alexander O’Neal – If You Were Here Tonight (1985)

元ネタになったのは、ミネソタ州ミネアポリス出身のシンガーAlexander O’Neal (アレクサンダー・オニール)If You Were Here Tonight」(1985)です。

この曲は、彼のデビューアルバム「Alexander O’Neal」(1985)に収録。

イギリスでは同年にリリースされたCherrelleとのシングル「Saturday Love」(1985)がヒットしたことで注目を集め、UKシングルチャートでは13位にランクイン。

Cherrelle feat. Alexander O’Neal – Saturday Love (1985)

またIf You Were Here Tonight」は、これまでに30曲以上でサンプリングされており、LL Cool JJadakissといったラッパーも使用しています。

LL Cool J feat. 112 – Down the Aisle (2006)

Jadakiss feat. Amin – In the Streets (2011)

スポンサーリンク

終わりに

Sevyn Streeterは、今作の「Taboo」について次のように明かしています。

「Taboo」はAlexander O'Nealのサンプルで、プロデュースは、私がずっと惹かれていたD'Mileなの。
彼はすごく才能があって、何年も前からの友人の1人よ。
彼は私のすべてのプロジェクトに参加していると思うわ。

D’Mileは、Bruno MarsAnderson .PaakのユニットSilk Sonic「Leave The Door Open」をはじめ、KhalidTy Dolla $ignを手掛ける名プロデューサーです。

彼女の魅力が詰まったアルバムと併せて、この機会に聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました