元ネタ・サンプリング Kanye West & Lil Pump – I Love It (2018) 世界的にヒットするも、カニエは無許可でサンプリング?!

2010年代
2010年代K
スポンサーリンク

2000年初頭にプロデューサーで数多くのヒット曲を生み出し、その才能を開花させたKanye West (カニエ・ウェスト)

全世界で2000万枚以上のセールスと1億回のダウンロードを記録し、多くの聴衆を魅了しています。

今回ピックアップする「I Love It」(2018)は、シングル「Gucci Gang」(2017)で注目を集めた若手新鋭ラッパーLil Pump (リル・パンプ)と共演しています。

そのユニークなMVが話題となり、公開初週には全世界で7600万再生され、現在までにYouTubeでは6億回再生されるヒットソングになりました。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Kanye West & Lil Pump – I Love It (2018)

スポンサーリンク

楽曲情報

Kanye West (カニエ・ウェスト)
出身地 :イリノイ州シカゴ
生年月日:1977年6月8日
ジャンル:Hip Hop

Lil Pump (リル・パンプ)
出身地 :フロリダ州マイアミ
生年月日:2000年8月17日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Def Jam Recordings
Warner Music Group
Tha Lights Global
G.O.O.D. Music
Universal Music Group

プロデューサー
Kanye West
DJ Clark Kent
CBMix
Ronny J

元ネタ・サンプリング
Alexander O’Neal – What Is This Thing Called Love? (Dee Red Zone Mix) (1991)
Adele Givens – Def Comedy Jam (1993)

スポンサーリンク

“I Love It” 元ネタ・サンプリング ①

Alexander O’Neal – What Is This Thing Called Love? (Dee Red Zone Mix) (1991)

元ネタになったのは、ミネソタ州ミネアポリス出身のシンガーAlexander O’Neal (アレクサンダー・オニール)What Is This Thing Called Love? (Dee Red Zone Mix)」(1991)です。

この曲は、彼の4枚目のシングル「What Is This Thing Called Love?」(1991)に収録されており、オリジナルをハウス調にエディットしています。

また「I Love It」は、イントロからベースラインを大胆にサンプリングしていますが、DJ David Moralesはこれを無許可で使用したと主張しています。

Mariah Careyのプロデューサーとしても知られるDJ David Moralesは、1991年にこの曲を制作し、カニエの制作チームは誰も許可を得ようとしなかったと明かしています。

誰も俺に許可を求めず、誰も俺に愛を与えず、ポイントもロイヤリティーも、ウォルマートのクーポンさえもくれなかった。

Kanye Westは、これまでにもクレジットせずに無許可でサンプリングしたケースが3件あり、その才能が裏目に出てしまうケースもあるようです。

スポンサーリンク

“I Love It” 元ネタ・サンプリング ②

Adele Givens – Def Comedy Jam (1993)

またこの曲は、コメディアン兼女優で活躍するAdele Givensもサンプリングしています。

彼女は1980年代後半から活躍し、数々のTV番組や映画などに出演しています。

1992年に放送されたTV番組「Def Comedy Jam」でサンプリングされ、彼らの「I Love It」のパフォーマンスに出演しています。

スポンサーリンク

終わりに

Kanye Westはこの曲で、RihannaPaul McCartneyとのコラボ曲「FourFiveSeconds」(2015)以来のチャートトップ10入りを果たし、カナダチャートでは1位を獲得するなど世界各国のチャートを席巻するヒットとなりました。

この機会に元ネタと併せて聴いてみてはいかがでしょうか。

Kanye Westのこの他の記事はこちら。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました