元ネタ・サンプリング Styles P – Good Times (2002) 元ネタのタイトルに惹かれたことでサンプリング?!

2000年代
2000年代S
スポンサーリンク

1990年代にSheek LouchJadakissStyles Pがニューヨークで結成したラップグループThe LOX

彼らは1998年に “Ruff Ryders Entertainment” に加入し、自身のレーベル “D-Block Records” を設立。

その後Styles Pは、2002年にデビューアルバム「A Gangster and a Gentleman」をドロップ。

その中から今回は彼の代表曲の1つでもある「Good Times」をピックアップして解説します。

スポンサーリンク

楽曲情報

Styles P
出身地 :ニューヨーク、クイーンズ
生年月日:1974年11月28日
ジャンル:Hip Hop
所属  :The Lox

レーベル
Ruff Ryders
Interscope Records

プロデューサー
Saint Denson
Swizz Beatz

元ネタ・サンプリング
Freda Payne – I Get High (On Your Memory) (1977)

Styles P – Good Times (2002)

Styles – Good Times (BET)
スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

Freda Payne – I Get High (On Your Memory) (1977)

I Get High

元ネタとなったのは、ミシガン州デトロイト出身のシンガーFreda Payne「I Get High (On Your Memory)」(1977)です。

彼女の7枚目のアルバム「Stares and Whispers」(1977)に収録し、Styles Pがサンプリングしたことで、一躍注目を集める曲となりました。

また2014年にFreddie GibbsMadlib共作の「High」でもサンプリングしたことでも知られています。

Freddie Gibbs & Madlib feat. Danny Brown – High (2014)

Freddie Gibbs & Madlib – High (Official) – Piñata
スポンサーリンク

Good Times

イントロから大胆にサンプリングしたこの曲は、Ruff Rydersの主要人物でもあるSwizz Beatzがプロデュース。

彼はこの曲について次のように語っています。

あのサンプルを使ったのは「I Get High」と書いてあったからだよ。

いいものを吸いたいと思わない人はいないでしょう。それがStylesの全てだよ。

あの曲は俺っぽさはないよ。あとStylesと一緒に葉っぱを吸ったことは一度もないね。

俺とStylesは「Good Times」「Blow My Mind」のような、人をハイにさせる曲を作っているんだ。

それが俺らのケミストリーなんだけど、今はもうそれが終わってしまった。

今、彼に何かを手掛けるとしたら、それは違うものでないといけないね。

「Blow Your Mind」Swizz Beatzがプロデュースし、ヒットしたことを引き合いに出し、さらに進化したビートを提供しないといけないことを明かしています。

Styles P feat. Swizz Beatz – Blow Your Mind (2007)

Styles P featuring Swizz Beatz "Blow Your Mind" (Uncensored)

また「Good Times」Swizz Beatzが2002年に発表したコンピレーションアルバム「Swizz Beatz Presents G.H.E.T.T.O. Stories」にも収録。

この作品からもリード曲としてリリースされていることから、Swizz Beatzもお気に入りの1曲であるように思えますね。

スポンサーリンク

終わりに

Styles P「Good Times」はいかがでしたでしょうか。

近年も精力的に活動している彼は、2020年にThe LOX名義で4年振りとなるアルバムを発表しています。

この機会に彼の作品を聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました