元ネタ・サンプリング Jennifer Lopez – Get Right (2005) アッシャーがアルバムに収録を見送ったことでジェニファー・ロペスがこの曲を制作した?!

2000年代
2000年代J
スポンサーリンク

Jennifer Lopez (ジェニファー・ロペス)は、2002年に3枚目のアルバム「This Is Me… Then」のリリース後、俳優のBen Affleckとの2年間の交際が破局し、彼女は業界から一時的に離れることとなりました。

Jennifer Lopezはその期間について次のように明かし、2005年には復帰作となる3年振りのアルバム「Rebirth」をリリースしています。

私の人生はジェットコースターに乗っているような時もあったけど、アーティストとして、明確にするために時間が必要なの。
ファーストアルバムから大きく成長したわ。
ヴォーカルに自信が持てるようになったの。
歌の攻め方が違う、勢いのある曲をレコーディングするようになったわ。

今回は、アルバム「Rebirth」からのリードシングル「Get Right」をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Jennifer Lopez – Get Right (2005)

スポンサーリンク

楽曲情報

Jennifer Lopez (ジェニファー・ロペス)
出身地 :ニューヨーク、キャッスルヒル
生年月日:1969年7月24日
ジャンル:Pop, R&B

レーベル
Epic Records

プロデューサー
Cory Rooney
Rich Harrison

元ネタ・サンプリング
Usher – Ride (2004)
Maceo & the Macks – Soul Power 74 (1974)

スポンサーリンク

“Get Right” 元ネタ・サンプリング

Usher – Ride (2004)

元ネタになったのは、ジョージア州アトランタ出身のシンガーUsher (アッシャー)「Ride」(2004)です。

この曲は、彼の4枚目のアルバム「Confessions」(2004)のためにレコーディングされ、ネット上で12インチレコードしてリリースされていました。

しかし「Confessions」には収録されず、その間にこの曲のプロデューサーであるRich Harrisonが、Jennifer Lopezに無断でトラックを渡していたようです。

事の発端は、Rich HarrisonがプロデュースしたAmerieのシングル「1 Thing」(2005)から始まったようです。

AmerieRich Harrisonから「1 Thing」のトラックを手に入れ、レコーディングしましたが、レーベルがリリースを6ヶ月間に渡って拒否し、痺れを切らしたAmerieRich Harrisonは正式にリリースしてもらうためにアメリカのラジオ局にリークさせました。

公式リリースではなかったため、レーベルメイトのJennifer Lopezはこの曲を自分のために欲しがっていましたが、ラジオ局でのエアプレイには多くのDJやリスナーの関心を集め、レーベル側もリリースに向けて動き出していました。

そこで、Rich HarrisonJennifer Lopez「Confessions」には収録されなかったUsher「Ride」を提供し、彼女のアルバム「Rebirth」用にレコーディングしたようです。

また、アルバム収録を見送ったUsherは「まさかJ-Loがそのまま持っていくとは思わなかったよ」と明かしています。

アルバムに入れなかったのは、うまくいかなかったからだ。
でも、まさかJ-Loがそのまま持っていくとは思わなかったよ。 

Amerie – 1 Thing (2005)

スポンサーリンク

“Ride” 元ネタ・サンプリング

Maceo & the Macks – Soul Power 74 (1974)

さらに深堀りするとUsher「Ride」は、ノースカロライナ州キンストン出身のサックス奏者Maceo Parker (メイシオ・パーカー)「Soul Power 74」(1974)をサンプリングしています。

彼は、James Brownのグループでキャリアを積み、その後Parliament-Funkadelicなどのバンドメンバーとして活躍しました。

1990年代にソロキャリアをスタートさせ、アルバム「Roots Revisited」(1990)は、全米コンテンポラリージャズチャートで10週に渡って首位を獲得し、2000年代にはPrinceのバンドメンバーに加わるなど、サックス奏者として多くの作品に携わってきました。

そんな彼が、1974年に発表したシングル「Soul Power 74」は、James Brownのシングル「Soul Power Pt. 1」(1971)のインストに、Maceo Parkerのサックスのホーンパートを乗せたもので、R&Bチャートでは20位を記録。

後に、Black Machine「How Gee」(1992)でサンプリングされたことで再注目され、これまでに100曲以上でサンプリングされています。

Black Machine – How Gee (1992)

スポンサーリンク

おわりに

Jennifer Lopez「Get Rigt」は、リリースに至るまでにプロデューサーのRich HarrisonUsherAmerieなど意外な人物までも巻き込んでいることには驚かされました。

また、このシングルは世界18カ国のチャートでトップ10入りを果たし、2020年にはNFLのスーパーボウルで披露するなど、彼女の代表曲のひとつとなりました。

この機会に、元ネタと併せて聴いてみてはいかがでしょうか。

Jennifer Lopezの関連記事はこちら。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました