元ネタ・サンプリング H.E.R. – Damage (2020) 大物プロデューサーが手掛けたR&B!

2020年代
2020年代H
スポンサーリンク

H.E.R. (ハー)
出身地 :カリフォルニア州ヴァレーホ
生年月日:1997年6月27日
ジャンル:R&B

レーベル
RCA Records

プロデューサー
Cardiak

元ネタ・サンプリング
Herb Alpert feat. Janet Jackson & Lisa Keith – Making Love in the Rain (1987)

H.E.R. – Damage (2020)

スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

H.E.R. (ハー)「Damage」はイントロからHerb Alpert「Making Love in the Rain」をサンプリングしています。元ネタはこちら。

Herb Alpert feat. Janet Jackson & Lisa Keith – Making Love in the Rain (1987)

カリフォルニア州ロサンゼルス出身のトランぺッターのHerb Alpertの1987年リリース作。客演にJanet JacksonとLisa Keithのダブルシンガー迎え、Jam & Lewisがプロデュースした豪華な作品になっています。その甲斐もあってR&B/Hip Hopシングルチャート7位、全米シングルチャート35位にランクイン。
またラップグループのBone Thugs-N-Harmonyの「Days of Our Livez」も同ネタをサンプリングしています。

Bone Thugs-N-Harmony – Days of Our Livez (1996)

スポンサーリンク

プロデューサー

H.E.R.「Damage」をプロデューサーにがCardiakが務めています。彼は2008年から音楽制作をスタートさせ、2010年のLloyd Banksのシングル「Start It Up」をプロデュース。収録されていたアルバムはR&B/Hip Hopアルバムチャートで6位にランクインし、シングルも当時クラブヒットしました。

Lloyd Banks feat. Swizz Beatz, Kanye West, Ryan Leslie & Fabolous – Start It Up (2010)

この作品で知名度を上げたCardiakは、Rick Rossの2012年に発表したアルバム「God Forgives, I Don’t」から「Diced Pineapples」をプロデュース。この作品は全米チャート1位、R&B/Hip Hopチャートでも1位に輝き、グラミー賞にもノミネートされています。

Rick Ross feat. Drake & Wale – Diced Pineapples (2012)

一躍グラミー賞にノミネートされたプロデューサーになったCardiakは、この他にもJ. Cole、Dr. Dre、Fabolous、Meek Mill、August Alsina、Jeremihなど業界の主要人物となるアーティストを数多く手掛けています。今後も業界のパイオニアの動きには要注目ですね。

スポンサーリンク

Damage

H.E.R.の「Damage」はしっとりとしたムーディーなビートが、80年代のSoulを彷彿とさせる、心地よい仕上がりになっています。また彼女の素晴らしいボーカルが響き渡り、20代前半とは思えない技量の持ち主ですね。

2020年は8本のシングルをリリースし、客演業も併せると10以上作品を発表したH.E.R.。「Damage」がロングヒットしているだけに、今後も彼女の歌声は多くのオーディエンスが待ち望んでいることでしょう。これを機会に元ネタと併せて、彼女の歌声を聞いてみてはいかがでしょうか。

記事で紹介した楽曲についてのダウンロードリンクはこちらになります。お気に入りの楽曲があれば購入して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました