元ネタ・サンプリング Amerie – 1 Thing (2005) 大ヒットの裏で、当初はレーベルがリリースを認めなかった?

2000年代
2000年代A
スポンサーリンク

2002年にデビューアルバム「All I Have」をリリースしたほか、映画に出演するなど、マルチな才能で魅了するAmerie (エイメリー)

2005年のセカンドアルバム「Touch」は、全米チャート5位を記録し、グラミー賞では「ベストコンテンポラリーR&Bアルバム賞」を含む2部門にノミネートされるなど、数々の賞賛を浴びました。

今回は、このアルバムからリードシングルの「1 Thing」(2005)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタとリリースに至るまでを解説します。

Amerie – 1 Thing (2005)

スポンサーリンク

“1 Thing” 楽曲情報

レーベル
Columbia Records

プロデューサー
Rich Harrison

元ネタ・サンプリング
The Meters – Oh, Calcutta! (1969)

スポンサーリンク

“1 Thing” 元ネタ・サンプリング情報

The Meters – Oh, Calcutta! (1969)

元ネタになったのは、ニューオーリンズで結成されたファンクバンドThe Meters (ミーターズ)「Oh, Calcutta!」(1969)です。

この曲は、彼らのセカンドアルバム「Look-Ka Py Py」(1969)に収録。

その後、ローリング・ストーン誌の「史上最高のアルバム500」でインストゥルメンタルのアルバムの最高位に選ばれ、The Metersの曲はこれまでに500曲以上でサンプリングされており、現代の音楽シーンに影響を与えているファンクバンドです。

スポンサーリンク

大ヒットの裏で、当初はレーベルがリリースを認めなかった?

Amerie「1 Thing」は、全米チャート5位を記録し、グラミー賞「最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞」にノミネートされるなど、彼女のこれまでのキャリアで最大のヒットとなりました。

しかし、その裏ではこの曲をリリースするまでの道のりが長く、レーベル側から何度も断られていたようです。

彼女のレーベルであるColumbia Recordsの幹部は、この曲を快く思っておらず、プロデューサーのRich HarrisonAmerieは何度もスタジオに戻って曲を作り直しましたが、レーベルに新しいバージョンを提出するたびにリリースを拒否されていたようです。

「1 Thing」のレコーディングから6ヶ月後、AmerieRich Harrisonはついにこの曲をアメリカのラジオ局にリークし、DJやリスナーからの反応は上々で、結果的に全米でオンエアされることになりました。

Columbia Recordsは、この曲が非公式なリリースであり、レーベルメイトのJennifer Lopezが自身のアルバム「Rebirth」に収録することに興味を示しているため、この曲をラジオ局での自粛を訴えました。

しかし、ラジオ局はプレイリストから曲を外すことを拒否し、最終的にColumbia Recordsは「1 Thing」をシングルとして了承し、一方でJennifer Lopezは、Rich Harrisonがプロデュースのシングル「Get Right」をアルバムに収録することで、この一件は落ち着いたようです。

Jennifer Lopez「Get Right」は、Usherの曲であったことでも知られており、この件に関しては以下の記事で扱っています。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました