元ネタ・サンプリング DMX – Where the Hood At? (2003) 5作連続で全米チャート1位に輝いたアルバム!

2000年代
2000年代D
スポンサーリンク

90年代初頭からラッパーとしてのキャリアを歩み、1999年に発表したシングル「Party Up (Up in Here)」はクラブバンガーとして、現代でも愛される1曲となっているDMX (ディーエムエックス)

またSwizz Beatzの叔父と叔母によって設立されたレーベル、ラップグループの “Ruff Ryders” ではEveThe LOXなどと一世を風靡し、グループの中心人物として東海岸Hip Hopを牽引してきました。

そんなDMXの5枚目のアルバム「Grand Champ」から「Where the Hood At?」を今回はピックアップ。

アルバムと元ネタ、また現在の彼について併せて解説していきます。

スポンサーリンク

楽曲情報

DMX (ディーエムエックス)
出身地 :ニューヨーク、ヨンカーズ
生年月日:1970年12月18日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Def Jam Recordings
Ruff Ryders

プロデューサー
Tuneheadz

元ネタ・サンプリング
Albert King – I’ll Play the Blues for You (1972)

DMX – Where the Hood At? (2003)

DMX – Where The Hood At? (Dirty) (Music Video) HQ
スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

Albert King – I’ll Play the Blues for You (1972)

I'll Play The Blues For You (Pts 1 & 2)

元ネタとなったのはミシシッピ州インディアノーラ出身のシンガー、ギタリストのAlbert King「I’ll Play the Blues for You (1972)」です。

彼の7枚のアルバム「I’ll Play the Blues for You」(1972)に収録されており、シングルは2017年にテネシー州メンフィスに設立された音楽博物館 “Blues Hall of Fame” に殿堂入りしています。

またAlbert Kingは2011年に、音楽メディア誌「ローリングストーン」の「史上最も偉大な100人のギタリスト」で13位に選出されています。

スポンサーリンク

アルバム “Grand Champ“

5枚目のスタジオアルバムとなった今作は全24曲収録され、発売初週に31万以上を記録することで初登場で全米チャート1位を獲得。

5作連続でアルバムチャート1位を達成する快挙となりました。

アルバムからSwizz Beatzを迎えたパーティーチューン「Get It On The Floor」はクラブヒットし、DMXのクラシックとも言われるナンバーとなりました。

DMX feat. Swizz Beatz – Get It On The Floor (2003)

DMX – Get It On The Floor (Official Music Video) ft. Swizz Beatz
スポンサーリンク

Where the Hood At?

この曲は1989年にラッパーのBig Daddy Kaneが発表した「Young, Gifted and Black」をアップデートした作品とも言われています。(サンプリングソースが一緒なので、言い方次第で変わってしまいますが・・・)

Big Daddy Kane – Young, Gifted and Black

またMVではDMXが在住しているニューヨーク、ヨンカーズをメインに撮影されており、彼と同じくRuff Rydersに所属しているラッパーのDrag-OnSwizz BeatzFat JoeBusta Rhymesがカメオ出演しています。

MVの後半ではアルバム収録曲の「A’Yo Kato」にスイッチされ、亡くなった友人への追悼の意を表しています。

スポンサーリンク

オーバードーズにより昏睡状態

DMX「Where the Hood At?」はいかがでしたでしょうか。

久しぶりに彼のがなり声を、耳にした方も多いのではないでしょうか。

しかしながら本人は、2021年4月2日に自宅で薬物の過剰摂取により心臓発作を起こし緊急入院。

現在は生命維持装置につながられ昏睡状態とのことです。(2021年4/5現在)

非常に危険な状態であるDMX。元気な姿を取り戻し、再び彼の勢いに乗ったラップが聞けることを願いたいですね。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました