元ネタ・サンプリング Nas feat. Big Sean & Don Toliver – Replace Me (2020) 今作が初めてのグラミー賞を受賞となったNas!

2020年代
2020年代N
スポンサーリンク

90年代からニューヨークを拠点とし、数々の作品をこれまでに発表し続けたラッパーのNas (ナズ)

2000年代に入ってからもその勢いは止まらず、Jay-Zとのビーフやレゲエシーンで活躍するDamian Marleyとのコラボレーションするなど、ラップ界を牽引してきた1人でもあります。

そんなNasが2020年に13枚目となるアルバム「King’s Disease」をリリースし、名プロデューサーのHit-Boyがアルバムのエグゼクティブプロデューサーを務めたことでも話題になりました。

彼はJay-ZKanye Westによる「Ni**as in Paris」(2011)Travis Scott「SICKO MODE」(2018)をプロデュースしたヒットメーカーです。

今回ピックアップする「Replace Me」はこのアルバムに収録されています。

意外な大ネタをサンプリングした今作と、アルバムを併せて解説していきます。

スポンサーリンク

楽曲情報

Nas (ナズ)
出身地 :ニューヨーク、クイーンズ
生年月日:1973年9月14日
ジャンル:Hip Hop

Big Sean (ビッグ・ショーン)
出身  :ミシガン州デトロイト
生年月日:1988年3月25日
ジャンル:Hip Hop

Don Toliver (ドン・トリバー)
出身  :テキサス州ヒューストン
生年月日:1994年6月12日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Def Jam Recordings
Mass Appeal

プロデューサー
Eric Choice
Hazebanga
Hit-Boy

元ネタ・サンプリング
Ella Mai – Trip (2018)

Nas feat. Big Sean & Don Toliver – Replace Me (2020)

Nas – "Replace Me" feat. Don Toliver & Big Sean (Official Video)
スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

Ella Mai – Trip (2018)

Ella Mai – Trip

元ネタとなったのはイギリス、ロンドン出身のR&BシンガーElla Mai「Trip」(2018)です。

彼女のデビューアルバム「Ella Mai」からセカンドシングルとしてリリースされ、全米チャート11位にランクイン。

またアルバムは2010年代に数々のクラブヒットを手掛けたMustardが、エグゼクティブプロデューサーを務め、リードシングルの「Boo’d Up」は全米チャート5位とヒット。

この曲はYouTubeで4億5000万回以上再生され、音楽メディア誌のRolling Stone誌は「過去10年間でブレイクした女性R&Bシンガーによる最大級のシングル」と評価しています。

Ella Mai – Boo’d Up (2018)

Ella Mai – Boo'd Up

デビューアルバムながら、グラミー賞「最優秀R&Bアルバム」にノミネートされたことで、Ella Maiは一躍全米中から注目を浴びる存在となりました。

スポンサーリンク

King’s Disease

Nasのこの作品は全13曲収録され、A$AP FergAnderson .PaakLil Durkなどの人気アーティストが客演で参加。

アルバムがリリースされると初登場で全米チャート5位にランクインし、彼にとって14枚目の全米チャートTop10内にランクインしたアルバムとなりました。

そんなベテランラッパーのNasは、意外にもグラミー賞をこれまでに13回もノミネートはされていたものの、一度も受賞歴はありませんでした。

そんな中、今作は第63回グラミー賞で「最優秀ラップ・アルバム賞」を受賞し、30年以上のキャリアを持つ彼がようやく無冠を脱しました。

しかしアルバムは受賞となったものの、収録曲からはA$AP FergFivio Foreignを迎えた「Spicy」が唯一全米チャートで96位ランクインしただけとなり、寂しい結果にもなっています。

Nas feat. Fivio Foreign & A$AP Ferg – Spicy (2020)

Nas – "Spicy" feat. Fivio Foreign & A$AP Ferg (Official Video)
スポンサーリンク

終わりに

Nas「Replace Me」はいかがでしたでしょうか。

Ella Maiを大胆にサンプリングするも、Don Toliver (ドン・トリバー)の歌声とBig Sean (ビッグ・ショーン)の援護を受けることで、スムースな1曲に仕上がりました。

また彼ら2人を起用をしたのも、個人的には予想外で驚きました。

ラップ界を牽引しているNasが、今後どのような活動をするのか注目ですね!

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました