元ネタ・サンプリング Fat Joe feat. Ashanti & Ja Rule – What’s Luv? (2001) ファットジョーのヒットソングは2Pacをサンプリング!

2000年代
2000年代F
スポンサーリンク

1996年にアルバム「Represent」でデビューしたFat Joe (ファット・ジョー)は、1998年に発表した3枚目のアルバム「Don Cartagena」でR&B/Hip Hopチャート2位を記録。

2001年に発表した4枚目のアルバム「Jealous Ones Still Envy (J.O.S.E.)」は、自身のレーベルTerror Squadのメンバーに加え、Busta RhymesXzibitR. KellyBuju Bantonなど豪華な客演陣を迎えてR&B/Hip Hopチャート7位を記録しています。

今回は、このアルバムからリードシングルの「What’s Luv?」(2001)をピックアップ。

この曲は全米チャート2位を記録し、Fat Joeにとって初のトップ5入りを果たし、彼をメインストリームに押し上げた1曲となりました。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Fat Joe feat. Ashanti – What’s Luv? (2001)

スポンサーリンク

楽曲情報

Fat Joe (ファット・ジョー)
出身地 :ニューヨーク、ブロンクス
生年月日:1970年8月19日
ジャンル:Hip Hop

Ashanti (アシャンティ)
出身地 :ニューヨーク
生年月日:1980年10月13日
ジャンル:R&B

Ja Rule (ジャ・ルール)
出身地 :ニューヨーク、クイーンズ
生年月日:1976年2月29日
ジャンル:Hip Hop, R&B

レーベル
Terror Squad Entertainment
Atlantic Records

プロデューサー
Chink Santana
Irv Gotti

元ネタ・サンプリング
2Pac feat. Lil’ Mo – Niggaz Nature (Remix) (2001)

スポンサーリンク

“What’s Luv?” 元ネタ・サンプリング

2Pac feat. Lil’ Mo – Niggaz Nature (Remix) (2001)

元ネタになったのは、カリフォルニア州ロサンゼルス出身のラッパー2Pac (トゥーパック)「Niggaz Nature (Remix)」(2001)です。

この曲は彼の7枚目のアルバムであり、遺作としては3枚目のアルバム「Until the End of Time」(2001)に収録されており、Death Row Recordsに所属していた1995年から1996年にかけてレコーディングされた音源で構成されています。

2Pacの母親Afeni ShakurSuge Knightなどがエグゼクティブプロデューサーを務めたこのアルバムは、発売初週に42万枚以上を売り上げ、全米チャート1位を獲得。

またDeath Row Recordsがリリースした最後のNo.1アルバムとなりました。

批評家からも称賛され、BETはこのアルバムを「史上最高の遺作アルバム25枚」の3位に選出しています。

スポンサーリンク

終わりに

Fat Joe「What’s Luv?」の制作に背景について次のように明かしています。

Chris LightyがIrv Gottiを紹介してくれたんだ。
それでIrv Gottiと俺は夜の11時から朝の7時まで話し始めたんだ。
俺たちはとてもよく似ていたね。冗談を言い合ったりして。
彼に会って1週間後、Big Punが死んだ。これは忘れられない。
葬儀の席で泣いていて、顔を上げると、Chris LightyとIrv GottiとJa Ruleがいたんだ。
Ja Ruleがこの世で一番ビッグだった頃の話だ。
彼らは「お前の部下は残念だった」と言ったんだ。
それは俺の人生にとって不運な瞬間だった。
俺は「来てくれてありがとう」と言ったんだ。尊敬の念があったんだ。
一週間後、家にいたら朝の4時くらいに電話が鳴って、Irv Gottiからだったんだ。
彼は「今すぐ来い!」みたいな感じだった。
俺は「誰だ?」って。
彼は「Irvだ。ヒット・ファクトリーにいるんだ、今すぐ来い」と言ったんだ。
彼は「Always there when you call, always on time」を聴かせてくれて、俺は「おお、これはヒットする!」って思ったんだ。
でも彼は、これはJa Ruleの曲だ、と言ったんだ。
それで彼は「What's Luv」を流したんだ。
で、俺は『やばい!!!』って思ったね。
それでフックがあったんだ。Ja Ruleがフックを書いて、フックを歌ったんだ。
そしたら「J.Loをフックに出して」って言われたんだ。
俺は "そうだな"と思った。
女の子に参考にしてもらえばいいと思ったよ。
で、Ashantiがやってくれたんだけど
俺は「Irvのこと知ってる?Ashantiは素晴らしいサウンドだ。J.Loは必要ない」と言ったんだ。
彼は「本当に?J.Loにクールなんだな。彼女は600万枚のレコードを売ったばかりだよ。」
俺は「彼女は必要ない。Ashantiにしよう」と言ったんだ。
それで彼女とJaの2人で、映画にもなったんだ。

この機会に、元ネタと併せて聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました