元ネタ・サンプリング 2Pac – Ambitionz Az a Ridah (1996) 2Pacは出所したその日にレコーディングしていた?

1990年代
1990年代123
スポンサーリンク

1996年にリリースされた2Pac (トゥーパック)に4枚目のアルバム「All Eyez on Me」は、ヒップホップのソロアルバムとしては史上初の2枚組のフルアルバムで、彼が凶弾で倒れる前の最後のアルバムとなりました。

アルバム収録曲の元ネタこちら。
2Pac feat. Danny Boy – I Ain’t Mad at Cha
2Pac feat. Snoop Dogg, Nate Dogg, Dru Down, Hussein Fatal & Yaki Kadafi – All About U

このアルバムには、彼の代表曲のひとつであるCalifornia Loveも収録されており、発売初週に56万枚以上を売り上げ、前作「Me Against the World」(1995)に続き全米チャート1位を獲得。
「California Love」の記事はこちら。

今回は、アルバムの1曲目を飾り、Daz Dillingerがプロデュースした「Ambitionz Az a Ridah」をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

2Pac – Ambitionz Az a Ridah (1996)

スポンサーリンク

“Ambitionz Az a Ridah” 楽曲情報

レーベル
Interscope Records
Death Row Records

プロデューサー
Daz Dillinger

元ネタ・サンプリング
Joeski Love – Pee-Wee’s Dance (1986)
The Champs – Tequila (1958)

スポンサーリンク

“Ambitionz Az a Ridah” 元ネタ・サンプリング情報

Joeski Love – Pee-Wee’s Dance (1986)

元ネタになったのは、ラッパーJoeski Love「Pee-Wee’s Dance」(1986)です。

ニューヨーク、ブロンクスのヒップホップ、R&BレーベルVintertainmentからElektra Recordsと配給契約を結んでこの曲はリリースされ、プラチナセールスを記録する大ヒットとなりました。

現在までに、200曲以上でリリックやビートがでンプリングされ、J DillaEazy-EPublic Enemyなど多くのラッパーやプロデューサーに愛されている曲です。

スポンサーリンク

“Pee-Wee’s Dance” 元ネタ・サンプリング情報

The Champs – Tequila (1958)

※「Pee-Wee’s Dance」の0:10〜

さらに深堀りすると、Joeski Love「Pee-Wee’s Dance」は、バンドThe Champs「Tequila」(1958)をサンプリングしています。

彼らは、シンガーDave Burgessの曲「Train to Nowhere」のレコーディングのためスタジオに集まり、ここで「Tequila」が完成しました。

この曲は、シングル「Train to Nowhere」のB面に収録され、当時は捨て曲としてリリースされましたが、リリースから3週間でA面よりも有名になり、全米チャート1位を獲得。

1959年にグラミー賞「ベストR&Bパフォーマンス」を受賞し、100万枚以上の売り上げでRIAAからゴールドディスクを授与される大ヒットとなりました。

また、グループのリーダーであるDave Burgessは、2020年にThe Champsを再結成し、新バージョンや新曲を含む12曲を収録したアルバム「Tequila Party」を発表しています。

スポンサーリンク

Kuruptらが「Ambitionz Az a Ridah」について語る

アルバム「All Eyez on Me」のミキシングエンジニアであるDave Aronは、2Pacが出所した日にこの曲をレコーディングしたと明かしています。

この曲は俺が2Pacと一緒に作った最初の曲なんだ。
彼は刑務所から出てきた日、クラブに行かなかった。
女性に会おうとすることもなかった。
彼はミッションを遂行するかのようにスタジオに直行し「Ambitionz Az A Ridah」と「I Ain't Mad At Cha」をレコーディングしたんだ。
2Pacは刑務所から出たばかりだった。
その同じ夜、彼にデス・ロウのチェーンを渡すのを見たよ。
そして、彼はすぐにやって来た。彼は準備万端だった。
彼はとてもハイテンションで、とても集中していて、エネルギーに満ち溢れていたよ。
本当に使命感を持ってやっているのが伝わったよ。
彼は本当の意味でのビジョンを持っていて、あの短い時間で多くのことを成し遂げたいと考えていたんだ。

また、ラッパーのKuruptもレコーディングに立ち合い、完成させるまでの速さに驚いていたようです。

彼が家に帰った初日、「Ambitionz Az A Ridah」が最初にレコーディングした曲だったんだ。
Sugeが彼を連れてきた。
Pacが帰ってきたっていうのはオフィス中に知れ渡ったんだ。
俺は少し後に着いたんだけど、その時にはもうDazがビートを始めていた。
Pacは最初のバースを完成させて終えるまで、45分以上はスタジオにいなかった。
これが早さだ。
彼は冷静さを失い、マイクを握ることだけを望んでいた。
ロサンゼルスに到着して2時間後には、最初のバースを作っていたんだ。

この機会に、彼のアルバムと元ネタを合わせて聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました