元ネタ・サンプリング Future – 712PM (2022) イントロから初音ミクをサンプリング!

2020年代
2020年代F
スポンサーリンク

アトランタを中心に人気を集め、全米屈指の人気ラッパーのFuture (フューチャー)

2020年に発表したアルバム「High Off Life」は、全米・カナダチャートで1位を獲得し、UKアルバムチャートでは過去最高の5位を記録。

ヨーロッパ各国のチャートでも上位にランクインしており、世界中のオーディエンスから注目されている様子が伺えます。

ワールドワイドな活躍を魅せるFutureが、2022年にアルバム「I NEVER LIKED YOU」をドロップ。

アルバムからDrakeTemsによる「WAIT FOR U」の記事はこちら。

今回はこのアルバムの1曲目に収録されている「712PM」(2022)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Future – 712PM (2022)

スポンサーリンク

楽曲情報

Future (フューチャー)
出身地 :ジョージア州アトランタ
生年月日:1983年11月20日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Freebandz
Epic Records

プロデューサー
Stefanccino
MoXart Beatz
DJ Moon
TM88
Wheezy

元ネタ・サンプリング
Aura Qualic feat. 初音ミク – DATA 2.0 (2014)

スポンサーリンク

“712PM” 元ネタ・サンプリング

Aura Qualic feat. 初音ミク – DATA 2.0 (2014)

元ネタになったのは、日本人プロデューサーAura Qualic初音ミクによる「DATA 2.0」(2014)です。

Aura Qualicは11歳頃、トランス界で名を馳せているオランダ人DJSystem Fに感銘を受けて、楽曲制作をスタートさせます。

以来、海外の有名ゲームメーカーからその才能を認められ、ゲームやアニメの楽曲のリミックスを中心に様々な楽曲を提供してきましたが、その後ボーカロイド業界にもオリジナル楽曲をリリースしています。

また今作の「DATA 2.0」(2014)は、Futureが所属していた南部の音楽グループDungeon FamilyのメンバーBig Boiも過去にサンプリングしており、日本のヒップホップヘッズから注目を浴びた1曲でもあります。

Big Boiのサンプリング記事はこちら。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました