元ネタ・サンプリング Kendrick Lamar – King Kunta (2015) 2010年代を代表するモンスターアルバム!

2010年代
2010年代K
スポンサーリンク

2012年に発表したアルバム「Good Kid, M.A.A.D City」で鮮烈なデビューを飾ったKendrick Lamar (ケンドリック・ラマー)

2015年に発表したアルバム「To Pimp a Butterfly」は発売初週に32万4,000枚を記録。

グラミー賞に7部門にノミネートされ、2010年代の代表的な作品にもなりました。

今回はそのモンスターアルバムから「King Kunta」をピックアップして解説していきます。

Kendrick Lamar (ケンドリック・ラマー)
出身地 :カリフォルニア州コンプトン
生年月日:1987年6月17日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Aftermath Entertainment
Interscope Records
Top Dawg Entertainment

プロデューサー
Sounwave

元ネタ・サンプリング
Mausberg feat. DJ Quik – Get Nekkid (2000)

Kendrick Lamar – King Kunta (2015)

スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

「To Pimp a Butterfly」から3枚目のシングルとして発表されたこの曲。

Kendrick Lamarと同じくコンプトン出身のラッパーMausbergの「Get Nekkid」をサンプリングしています。

Mausbergはこのアルバムのリリース前に、自宅で起きた銃撃事件により21歳の若さで死去。

そこで彼の親友であり西海岸を代表するラッパーDJ Quikが、アルバムの大半を手掛けることでリリースされることになりました。

またKendrick Lamarによってサンプリングされたことで、西海岸のHip Hopクラシックとも言われているとか。

Mausberg feat. DJ Quik – Get Nekkid (2000)

スポンサーリンク

To Pimp a Butterfly

アルバム「To Pimp a Butterfly」は全米チャート、UKチャートで1位にランクイン。

この作品からは全米チャートTop40にもランクインした「i」を含めた5枚がシングルカット。

2016年のグラミー賞では「最優秀ラップ・アルバム賞」の受賞のほか、7部門にノミネート。

さらにKendrick Lamarは、他のアーティストとのコラボレーションしていた作品でもノミネートされたことで、ラッパーとしては最多となる計11部門にノミネートされました。

また今作はRolling Stone誌が選出する「500 Greatest Albums of All Time」で19位にランクインしており、2010年代を代表する作品となりました。

Kendrick Lamar – i (2015)

スポンサーリンク

King Kunta

タイトルになっている「King Kunta」はアメリカの作家、Alex Haleyによる小説「Roots: The Saga of an American Family」からインスパイアされています。

これはアフリカ人の “Kunta Kinte” が青年期に捕らえられ、奴隷としてアメリカに連れて行かれ、その後の生活と彼の子孫の人生を描いた作品となっています。

小説はニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストに46週連続で掲載され、うち22週は1位を獲得。1979年には映画化され、アフリカ系アメリカ人の歴史への理解や、興味を刺激する作品となりました。

またMVはKendrick Lamarの故郷であるコンプトンで撮影され、監督はDrakeやAriana Grandeの作品でも監督を務めたDirector Xが手掛けています。

今作でDirector XはDr. Dreの「Still D.R.E.」のMVにインスパイアされ、2Pacの「California Love」のMVからもアイデアを得たと明かしています。

どちらも90年代を代表する西海岸クラシックであり、Kendrick Lamarがそれだけの影響力があるアーティストに成り上がったように思えます。

またDirector Xについては過去にも記事にしていますので、そちらも見て頂けたら嬉しいです。

Dr. Dre feat. Snoop Dogg – Still D.R.E. (1999)

2Pac feat. Dr. Dre – California Love (1995)

スポンサーリンク

終わりに

ベストセラーからインスパイアされ、コンプトンのクラシックとも言われる「Get Nekkid」をサンプリングした「King Kunta」はいかがでしたでしょうか。

西海岸から、現在では全米を代表するラッパーでもある彼が、敢えてこの時代にG-Funkテイストの楽曲をチョイスしたのもセンスの良さを感じさせます。

この機会にKendrick Lamarの名作を改めて聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました