Lil Uzi Vertのシングル『Red Moon』の元ネタは?Cafunéの隠れた名曲が引き起こした音楽現象

2020年代
2020年代L
スポンサーリンク

Lil Uzi Vert (リル・ウージー・ヴァート)は、2023年6月に3枚目のアルバム「Pink Tape」をリリースし、その週に2億回以上のストリーミング再生を記録し、自身3度目の全米アルバムチャート1位を獲得しました。

そして、その後の12月には、Lil Uzi Vertがシングル「Red Moon」をリリースしました。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Lil Uzi Vert – Red Moon (2023)

スポンサーリンク

“Red Moon” 楽曲情報

リリース日
2023年12月25日

レーベル
Generation Now
Atlantic Records

プロデューサー
TM88
Slo Meezy
C$D Sid
FNZ
Macnificent

元ネタ・サンプリング
Cafuné – Tek It (Acoustic) (2022)

スポンサーリンク

“Red Moon” 元ネタ・サンプリング情報

Cafuné – Tek It (Acoustic) (2022)

元ネタになったのは、ポップデュオCafuné (カフネ)「Tek It (Acoustic)」(2022)です。

Cafunéは、シンガーソングライターのSedona SchatとプロデューサーのNoah Yooからなるアメリカのインディーポップデュオで、2014年にニューヨーク大学で出会い結成されました。

彼らのシングル「Tek It」(2019)は、Cafunéのデビューアルバム「Running」からリードシングルとしてリリースされました。この曲は、リリースから数年後の2022年頃にTikTokで注目を集め、2億回再生されるほどのバイラルヒットを記録し、これがElektra Recordsとの契約につながりました。

Cafuné – Tek It

スポンサーリンク

音楽からの引退とファッション業界への進出

Lil Uzi Vertは現在、次回作のアルバム「Luv Is Rage 3」を制作中であり、最近シカゴで行われた「Pink Tape Tour」の公演で、このアルバムが彼のラップキャリアの最後のものになると明らかにしました。

「Luv Is Rage 3」の後、もう1つツアーに出るかもしれないけど…
その後は、普通の生活を送ってみたいんだ。

さらに彼は、「音楽を作ることは好きだけれど、もうあんな音楽は作りたくない」と述べ、音楽業界から離れる意思を強調し、代わりに女性向けのファッションを手がけることでファッション業界に進出したいと語っています。

彼のパートナーであるCity GirlsJTが参加するか尋ねられると、Lil Uzi Vertは、彼女が自分自身のラインを作っていて、現在順調に進んでいると答えました。

関連記事はこちら

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました