SZAの「Snooze」:意図せず生まれたヒット曲の裏側とは?

2020年代
2020年代S
スポンサーリンク

2022年12月、SZA (シザ)がリリースしたセカンドアルバム「SOS」は、アメリカのR&Bアルバムとしては過去最高のリリース週を記録し、4億回以上のストリーミング再生を達成。全米アルバムチャートでは10週間にわたって首位を獲得しました。

批評家からは、様々なジャンルの融合とSZAの才能が称賛され、彼女は2024年のグラミー賞で最も多くの部門にノミネートされ、主要な3部門を含む9部門にノミネートされました。

そのうちの「最優秀R&Bソング賞」にノミネートされた「Snooze」の裏側について解説します。

SZA – Snooze (2022)

スポンサーリンク

“Snooze” 楽曲情報

リリース日
2022年12月9日

レーベル
Top Dawg Entertainment
RCA Records

プロデューサー
Babyface
BLK Beats
The Rascals
Leon Thomas

スポンサーリンク

SZAの「Snooze」が意図せずして生まれ変わった

SZA「Snooze」は、アルバム「SOS」から6枚目のシングルとしてリリースされ、全米シングルチャートで2位、R&Bチャートで1位、R&B/Hip-Hop Airplayチャートでは5週間にわたって首位を獲得しました。

しかし、この曲は当初、SZAのために作られたものではなかったことが後に判明しました。この事実は、プロデューサーであり、Ariana GrandeDrakeRick Rossの作品に携わったことでも知られるLeon Thomasによって明らかにされました。

Leon Thomasはこの曲のプロデューサーであり、バックコーラスを担当していますが、彼はスタジオでプロデューサーのBabyfaceと一緒にこの曲を作っていたところ、SZAが偶然通りかかり、2人がリハーサルをしているのを耳にしたようです。当初「Snooze」は元々Babyfaceのアルバム「Girls Night Out」のために制作された曲でしたが、最終的にSZAがこの曲を自身のアルバムに収録することになったようです。

あの曲はもともと彼女のアルバムのための曲ではなかったんだ。
それはBabyfaceの新しいアルバム「Girls Night Out」のために彼女がやったコラボレーションだったんだ。
俺たちは基本的にクリエイティブで、Babyfaceに部屋を出入りしてもらい、パートを重ねてもらったよ。
ゼロから作り上げるのは美しかったね。エゴはなく、その日にクールなものを作ろうとしていたよ。
俺たちはその日のうちにビートを作り、彼女はその日のうちに曲をレコーディングした。
それが1年と数ヶ月前のことだった。
スポンサーリンク

Justin Bieberの予期せぬ参加:SZAの「Snooze」が示す異なる関係

SZA「Snooze」は、愛する人との関係に焦点を当てています。曲の中で、相手が自分にとってどれだけ重要かが表現されており、その人と共にいることが何よりも大切で、その存在を失うことは考えられないと歌われています。お互いの関係や信頼についても触れられ、愛し合う二人の間には強い絆があり、共に過ごすことが彼らの幸せを築いているようです。

またこの曲は、2023年9月にJustin Bieberとのアコースティックリミックスとしてリリースされました。このリミックスは、アルバム「SOS」がリリースされた後、Justin Bieberと彼の妻Hailey Bieberが最初にSZAにFacetimeで連絡をしてきたようで、その後予定外にMVに参加したことを語りました。

ビデオの撮影中にJustinは最初はいなかったんだ。
彼とHailey(Bieber)がSOSがリリースされた後に最初にFaceTimeで連絡をくれたの。
彼は現れて、1日中、全然問題なくやってくれたし、何も気にしなかったわ。

SZA feat. Justin Bieber – Snooze (Acoustic)

スポンサーリンク

おわりに

SZA「Snooze」は驚くほどの成功を収めましたが、その裏には興味深いストーリーがあります。この曲は本来、SZAのために作られたものではなく、Leon ThomasBabyfaceのクリエイティブな出会いから生まれたものでした。偶然の連鎖が彼女のアルバムに収められることとなりました。

「Snooze」は愛に満ちた歌であり、相手との関係性や信頼、そしてお互いへの大切さが歌われています。これが人々の心に響き、その成功を収めた一因となりました。また、Justin Bieberとの意外なコラボレーションも注目を集め、彼らの関係性が作品を超えてさらに深まった瞬間となりました。

関連記事はこちら

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました