Busta Rhymesの「COULD IT BE YOU」はMiguelの名曲からサンプリング!

2020年代
2020年代B
スポンサーリンク

ニューヨーク、ブルックリンのラッパーBusta Rhymes (バスタ・ライムス)が2023年11月に、11枚目となるソロアルバム「Blockbusta」をリリースしました。

今回は、このアルバムの5曲目に収録され、Blxst (ブラスト)Yung Bleuがゲスト参加した「COULD IT BE YOU」の元ネタについて解説します。

Busta Rhymes feat. Blxst & Yung Bleu – COULD IT BE YOU (2023)

スポンサーリンク

“COULD IT BE YOU” 楽曲情報

リリース日
2023年11月24日

レーベル
Epic Records
The Conglomerate Entertainment

プロデューサー
OZ
Moses Arketex

元ネタ・サンプリング
Miguel feat. J. Cole – All I Want Is You (2010)

スポンサーリンク

“COULD IT BE YOU” 元ネタ・サンプリング情報

Miguel feat. J. Cole – All I Want Is You (2010)

元ネタになったのは、カリフォルニア州ロサンゼルス出身のシンガーMiguel (ミゲル)「All I Want Is You」(2010)です。
この曲はMiguelのデビューアルバム「All I Want Is You」(2010)に収録されており、アルバムはR&B/Hip Hopチャート9位を記録しました。

このアルバムは、Miguelが以前所属していた制作会社との法的問題のため、レコーディングを終えてから2年後にリリースされました。最初は売れ行きが芳しくなく、初週の販売枚数は1万枚で、全米チャートでは109位にとどまりました。
しかし、その後、22週間かけてじわじわとチャートを上昇し、2012年9月までには40万4千枚を売り上げる成功を収めました。

このアルバムからリードシングルとしてリリースされた「All I Want Is You」は、NasAmy Winehouseを手がけたことで知られるSalaam Remiがプロデュースし、MiguelSalaam Remiと初めて仕事をした際の経験について語っています。

プロデューサーのSalaam Remiに、音楽と向き合う時間をくれと頼んだことを覚えているよ。
彼とは初対面だった。俺はすでに彼の大ファンだったから、少しびっくりしていたね。
少しナーバスになっていたかもしれない。
だから、その時のベストを尽くして、自分のベストを音楽に捧げたいと思った。
彼は残りのセッションを俺に任せてくれて、俺は他のセッションと同じようにレコーディングしたんだ。
彼は俺の思い通りにさせてくれた。だからこの曲ができたんだ。

関連記事はこちら

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました