253. J. Cole – Work Out (2011) 元ネタあり

スポンサーリンク
J

こんにちは。

本日は木曜日ということで
懐かしの楽曲をご紹介しようと思います。
J. Cole – Work Out (2011)

ドイツ生まれ、アメリカ育ちのラッパー
プロデューサーとして活動中の
J. Coleの2011年リリースのこちら。

彼のデビューアルバム「Cole World: The Sideline Story」からの
リードシングルとしてリリースされました。

81ysjLaXUuL._AC_SX355_

アルバムはビルボード200で1位になり
リリース初週で21万部を売り
2016年には85万部を売り上げています。

シングルはビルボードホット100にて
最初は98位にランクインしましたが
徐々にランクアップし最終的に13位まで順位をあげています。

この曲に対してラッパーのNasが不快感を示し
セカンドアルバム「Born Sinner」にて
「Let Nas Down」をリリースしています。

J. Cole – Let Nas Down (2011)

J. Cole – Let Nas Down (Extended Remix) ft. Nas

本楽曲に話を戻しますが
プロデューサーはJ. Cole自ら行っています。

あまり知られていないかもしれませんが
ラッパー業以外にもプロデューサー業をやっており
当ブログでも過去に記事にした楽曲も、彼が手掛けていますので
そちらも見て頂けたら嬉しいです。

148. Ari Lennox feat. Durand Bernarr – Facetime Remix (2020)

そんな彼が手掛けた本楽曲はサンプリングしています。
元ネタはこちら。

Paula Abdul – Straight Up (1988)

カリフォルニア州サンフェルナンド出身のシンガー
Paula Abdulの1988年リリースのこちら。
デビューアルバム「Forever Your Girl」に収録されており
71BVpFEYDEL._AC_SX355_

彼女の代表曲になるほどのヒットとなっています。
というのも
ビルボードホット100では1位を獲得し
世界的にもヒットし11カ国以上でトップ10以内に
ランクインしています。

ちなみにサビ部分がサンプリングされていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました