元ネタ・サンプリング J. Cole – Work Out (2011) デビュー作は全米No.1を獲得!

2010年代
2010年代J
スポンサーリンク

ドイツの軍事基地で生まれ、その後ノースカロライナ州ファイエットビルで育ったJ. Cole (J. コール)

2009年にJay-Z率いるRoc Nationと契約後、ミックステープ「The Warm Up」「Friday Night Lights」をドロップ。

収録曲の「Lights Please」「In The Morning」などが注目を集め、高い評価を得た作品となりました。

そんな彼が満をじしてデビューアルバム「Cole World : The Sideline Story」(2011)をドロップ。

アルバムは全米チャート1位に輝き、この中からKanye WestPaula Abdulをサンプリングしたリードシングル「Work Out」をピックアップ。

スポンサーリンク

楽曲情報

J. Cole (J. コール)
出身地 :ノースカロライナ州ファイエットビル
生年月日:1985年1月28日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Roc Nation
Columbia Records

プロデューサー
J. Cole

元ネタ・サンプリング
Paula Abdul – Straight Up (1988)
Kanye West – The New Workout Plan (2004)

J. Cole – Work Out (2011)

J. Cole – Work Out (Official Music Video)
スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング 1

Paula Abdul – Straight Up (1988)

Paula Abdul – Straight Up (Official Video)

元ネタとなったのは、カリフォルニア州サンフェルナンド出身のシンガー、ダンサー、女優とマルチに活躍するPaula Abdul「Straight Up」(1988)です。

この曲は彼女のアルバム「Forever Your Girl」(1988)からシングルカットしており、アルバムはデビュー作ながら全米チャート1位を獲得。

「Straight Up」も全米No.1シングルに輝き、世界10カ国以上のチャートでトップ10内にランクインするヒット曲となりました。

またグラミー賞「最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス部門」でノミネートされ、MTV Video Music Awardsでは6部門にノミネート。

Paula Abdulが世界的な知名度を得たと同時に、彼女の代名詞とも言えるナンバーとなりました。

スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング 2

Kanye West – The New Workout Plan (2004)

Kanye West – The New Workout Plan (Long Version)

イリノイ州シカゴ出身のラッパーKanye West「The New Workout Plan」(2004)をサンプリングしています。

この曲の終盤でBoskoが奏でるTalkboxをサンプリングしたもので「Work Out」の始まりの部分で使用しています。

「The New Workout Plan」Kanye Westのデビューアルバム「The College Dropout」(2004)に収録され、リードシングルの「Slow Jamz」は全米チャート1位を獲得。

Twista feat. Kanye West & Jamie Foxx – Slow Jamz (2003)

Twista – Slow Jamz (Feat. Kanye West & Jamie Foxx)

またKanye Westのポテンシャルやエモーショナルなラップが高い評価を得て、音楽メディア誌Rolling Stoneが選出する「500 Greatest Albums of All Time」にランクインし、アルバムはグラミー賞「Best Rap Album」を受賞。

また各メディアからも「史上最高のアルバムの1つ」と呼び声が高く、2000年代を代表する作品となりました。

スポンサーリンク

終わりに

現在は自身のレーベル “Dreamville Records” からレーベルコンピレーションアルバムを発表し、若手アーティストのフックアップにも力を入れているJ. Cole

また独学でピアノを学び、Kendrick LamarJanet Jacksonのプロデュース業するなどマルチに活躍しています。

多くのオーディエンスから、注目を浴び続けている彼からは目が離せませんね。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました