357. Marvin Gayeをサンプリングした1曲! Disclosure & Common – Reverie (2020) 元ネタあり

スポンサーリンク
2020年代
Disclosure & Common – Reverie (2020)

Disclosure
出身地 :イギリス
年齢  :Guy Lawrence 29歳 Howard Lawrence 26歳
ジャンル:House

Common
出身地 :イリノイ州シカゴ
年齢  :48歳
ジャンル:Hip Hop

プロデューサー
名前:Disclosure

元ネタ
Marvin Gaye – What’s Going On (1971)

イギリス出身のHouse系兄弟ユニットDisclosureがニューアルバム「ENERGY」をドロップ。5月にアルバムがリリースされ、8月にはデラックス盤が発表されています。
通常盤は11曲に対して、デラックス盤は20曲と倍近く曲数が増えています。
Kehlani、Sydとの「Birthday」が話題になっていますね。

Disclosure, Kehlani & Syd – Birthday (2020)
 

Reverie

」 は

Marvin Gayeの「What’s Going On」をサンプリングしています。元ネタはこちら。

Reverie

」は0:10〜、1:07〜

What’s Going On」は0:07〜

Marvin Gaye – What’s Going On (1971)

ワシントンD.C.出身のSoul、R&BシンガーMarvin Gayeの1971年リリースのこの曲。
シングルと同タイトルのアルバム「What’s Going On」からのリードシングルとしてリリースされ、全米シングルチャート2位、R&B/Soulシングルチャート1位を獲得しています。
また2004年にはローリングストーン誌が「史上4番目に優れた楽曲」に選出されています。
Marvin Gayeの代表曲になったと同時に現代のブラックミュージックにも影響を与えているクラシックです。

Reverie

」はラッパーのCommonをフィーチャーしている1曲で、

Disclosure名義ではラッパーとのコラボレーションが今作が初めてになりました。
楽曲は爽やかでありながら壮大なトラックがラウンジプレイやドライブにもってこいな雰囲気ですね。
しかしCommonはラップで「物事に夢中になればもっといい自分が見える」「世間の目を気にするな」など人生の教えを説いています。

Reverie

」のプロデューサーには

Disclosure自ら手掛けています。
Disclosureは2019年のKhalidの「Talk」をプロデュースし全米シングルチャート3位にランクインし、この曲が収録されているアルバム「Free Spirit」は全米アルバムチャート1位を獲得しています。

Khalid – Talk (2019)

またMegan Thee Stallion、Yo Gottiを迎えたオフィシャルRemixもリリースされKhalidの代表作の1つになった楽曲です。

Khalid, Megan Thee Stallion, Yo Gotti – Talk Remix (2019)

昨年手掛けた「Talk」大ヒット しているだけに、今後の彼らのプロデュースした作品が非常に気になりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました