元ネタ・サンプリング The Game feat. Kanye West – Wouldn’t Get Far (2006)

T
T#TBT
スポンサーリンク

こんにちは。

本日は木曜日ということで
懐かしの楽曲をご紹介。
The Game feat. Kanye West – Wouldn’t Get Far (2006)

カリフォルニア、コンプトン出身のラッパー
The Gameの2005年リリースのこちらをご紹介。

今現在は「The Game」から「Game」に
名義をかえて活動中。
気づいたら変わってましたw

こちらの楽曲は、彼自身2枚目となるアルバム

「Doctor’s Advocate」からの3つ目のシングルなっています。

ちなみに1枚目、2枚目はこちら。

The Game feat. Junior Reid – It’s Okay (One Blood)

The Game – Let’s Ride

今作はファーストアルバムをリリースした
レコードレーベルAftemathを抜けて
ユニバーサルの傘下レーベルGaffen Recordsでの
リリースとなりました。

というのもAftermathのG-Unitに所属していましたが
50 Centとのビーフにより脱退しました。
(G-Unitが懐かしすぎるw)

そして今作は客演、プロデューサーに
シカゴ出身のKanye West。
この頃のKanyeのトラックは
とにかくかっこいいです!
ネタ使いが多いですがどれもオススメです!

そんな元ネタはこちら。

Creative Source – I’d Find You Anywhere (1976)

かっこよすぎるー!!!
元ネタもあわせてぜひ聞いてみてください!

ここまで読んでいただきまして
ありがとうございました。
また明日も更新しますので
遊びにきてください!

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました