元ネタ・サンプリング Blxst – Overrated (2020) 今後の西海岸Hip Hopを担うラッパー!?

2020年代
2020年代B
スポンサーリンク

カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点として活動し、2019年にシングル「Hurt」でデビューしたラッパーのBlxst (ブラスト)

メロディアスなラップスタイルが印象的なBlxstは、同じく西海岸出身のMozzyBino Rideauxなどとコラボレーションすることで、徐々に知名度を上げていきました。

そんな彼が2020年9月に8曲入りのEP「No Love Lost」をドロップ。

今回はこの中から先行でリリースされギターの音色が美しい「Overrated」をピックアップ。

EPと元ネタを併せて解説していきます。

スポンサーリンク

楽曲情報

Blxst (ブラスト)
出身地 :カリフォルニア州ロサンゼルス
年齢  :不明
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Red Bull Records
Evgle LLC

プロデューサー
Blxst

元ネタ・サンプリング
Donell Jones – This Luv (1999)

Blxst – Overrated (2020)

Blxst – Overrated (Official Music Video)
スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

Donell Jones – This Luv (1999)

Donell Jones – This Luv (Official Video)

元ネタとなったのはイリノイ州シカゴ出身のR&BシンガーDonell Jones「This Luv」(1999)です。

彼のセカンドアルバム「Where I Wanna Be」に収録されており、彼のキャリアで最もヒットした作品となりました。

アルバムタイトル曲でもある「Where I Wanna Be」やUKチャートでも2位にランクインした「U Know What’s Up」などのヒット曲が収録されています。

Donell Jones – Where I Wanna Be (1999)

Donell Jones – Where I Wanna Be (Official Video)

Donell Jones – U Know What’s Up (1999)

Donell Jones – U Know What's Up (Official Video)
スポンサーリンク

EP “No Love Lost”

デビュー曲の「Hurt」が収録されているEPは、全曲Blxstがプロデューサーとしても携わっています。

これはラッパー、プロデューサーとして活躍するPharrell WilliamsKanye Westの影響を大きく受けており、彼自身もビートメーカーとして活動してきたバックグラウンドがあるためです。

またこのEPは好評を博し、12月にデラックスエディションとして再リリース。

TygaTy Dolla $ignが参加している「Chosen」Dom Kennedyとの「Got It All」など、業界からの注目度の高さが伺えるメンツをフィーチャーしています。

Blxst feat. Ty Dolla $ign & Tyga – Chosen (2020)

Blxst – Chosen (feat. Ty Dolla $ign & Tyga) [Official Music Video]

「Got It All」は記事にしているので、バックナンバーを読んでいない方は・・・こちらへ。

スポンサーリンク

終わりに

Blxst「Overrated」はいかがでしたでしょうか。

哀愁漂うギターの音色に、彼の流れるようなラップがマッチした心地よいナンバーとなりました。

また2021年に入ってからもRussをフィーチャーした「Fck Boys」をリリースするなど、精力的に活動している様子が伺えます。

これからの若き才能の活躍に期待しましょう!

Blxst feat. Russ – Fck Boys (2021)

Blxst – Fck Boys (feat. Russ)
スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました