元ネタ・サンプリング David Guetta feat. Ne-Yo & Akon – Play Hard (2013) Wiz Khalifaも同ネタをサンプリング?!

2010年代
2010年代D
スポンサーリンク

フランス、パリで生まれ育ったDavid Guetta (デヴィッド・ゲッタ)は、2009年のアルバム「One Love」が母国フランスのチャートで1位を獲得。

同アルバムは、UKダンスチャートでも1位を獲得し、世界各国のチャートを席巻。

6枚のシングルをリリースする大ヒットアルバムとなりました。

続く2011年にアルバム「Nothing but the Beat」をリリースし、世界5カ国以上のチャートで1位を獲得。

これをきっかけに「Nothing but the Beat 2.0」という楽曲を追加したアルバムが再リリースされることになりました。

再リリース盤からも3曲がシングルカットされ、再び話題を集める作品になりました。

今回は「Nothing but the Beat 2.0」からAkon (エイコン)Ne-Yo (ニーヨ)が参加した「Play Hard」(2013)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

David Guetta feat. Ne-Yo & Akon – Play Hard (2013)

スポンサーリンク

楽曲情報

David Guetta (デヴィッド・ゲッタ)
出身地 :フランス、パリ
生年月日:1967年11月7日
ジャンル:EDM, House

Akon (エイコン)
出身地 :ニュージャージー州ニューアーク
生年月日:1973年4月16日
ジャンル:R&B, Hip Hop 

Ne-Yo (ニーヨ)
出身地 :ネバダ州ラスベガス
生年月日:1979年10月18日
ジャンル:R&B

レーベル
Virgin Records
EMI France
Parlophone

プロデューサー
Frédéric Riesterer
Giorgio Tuinfort
David Guetta

元ネタ・サンプリング
Alice Deejay – Better Off Alone (1999)

スポンサーリンク

“Play Hard” 元ネタ・サンプリング

Alice Deejay – Better Off Alone (1999)

元ネタになったのは、オランダ出身のAlice DeejayBetter Off Alone」(1999)です。

元々はDJ Jurgenによって制作されたインストで、曲が流れている最中にメンバーの1人がメロディーを口ずさみ始め、ボーカルを入れることになったと言われています。

その後、DJ JurgenはアンダーグラウンドDJであり続けたいがために “Alice Deejay” というグループを結成したことを明かし、ボーカル入りのバージョンをリリース。

この曲は、イギリスのダンスチャートで1位を獲得し、アメリカのダンスクラブチャートで3位を記録。

その後、音楽専門誌で絶賛され、トランスサウンドの発展に重要な役割を果たしたと高く評価され、それ以来エレクトロニック、トランスのクラシックと見なされています。

またラッパーのWiz Khalifaのシングル「Say Yeah」(2008)でも同ネタを使用しており、そのほかにも40曲以上でサンプリングされています。

Wiz Khalifa – Say Yeah (2008)

スポンサーリンク

終わりに

大ネタをサンプリングしたDavid Guetta「Play Hard」は、YouTubeで10億回再生を突破。

またアルバムに収録されている「Where Them Girls At」「Without You」「Turn Me On」「Titanium」が全米チャートのトップ20にランクインし、グラミー賞の「最優秀ダンス/エレクトロニカアルバム賞」にノミネート。

この年のダンスチャートを席巻する大ヒットアルバムになりました。

この機会に、アルバムと元ネタを併せて聴き直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました