元ネタ・サンプリング Drake – Nice for What (2018) ギネス記録に認定されたローリン・ヒルのアルバムからサンプリング!

2010年代
2010年代D
スポンサーリンク

Drake (ドレイク)が2017年にリリースしたミックステープ「More Life」は、発売初日に全世界のSpotifyとApple Musicの両方でストリーミング記録を更新。

Spotifyでは、アルバム収録曲の1日の総ストリーミング数が6130万回となり、同年3月にリリースされたEd Sheeranのアルバム「÷」を上回る記録となり、Drakeにとって7作連続で全米チャートの1位を獲得しました。

そんな彼が、2018年に5枚目のアルバム「Scorpion」をドロップ。

リードシングル「God’s Plan」は、15億回以上のストリーミングを記録して、2018年にアメリカで最もストリーミングされた曲となりました。

今回は、アルバムから先行シングルでもある「Nice for What」(2018)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Drake – Nice for What (2018)

スポンサーリンク

楽曲情報

Drake (ドレイク)
出身  :カナダ、トロント
生年月日:1986年10月24日
ジャンル:Hip Hop, R&B

レーベル
Young Money
Cash Money Records

プロデューサー
Murda Beatz
BlaqNmilD
40
Corey Litwin

元ネタ・サンプリング
Lauryn Hill – Ex-Factor (1998)

スポンサーリンク

“Nice for What” 元ネタ・サンプリング

Lauryn Hill – Ex-Factor (1998)

元ネタになったのは、ニュージャージー州サウスオレンジ出身のシンガーLauryn Hill (ローリン・ヒル)「Ex-Factor」(1998)です。

この曲は、1998年の彼女のソロデビューアルバム「The Miseducation of Lauryn Hill」に収録されており、発売初週に42万2000枚以上を売り上げ、それまでMadonna「Ray of Light」(1998)が持っていた女性アーティストとしての記録を更新、全米チャートで1位を獲得しています。

またグラミー賞10部門にノミネートされ「最優秀新人賞」「年間最優秀アルバム賞」「最優秀R&Bアルバム賞」など、5部門を受賞。

2021年にはアメリカレコード協会よりダイヤモンド認定(1000万枚の販売)を受け、女性ラッパーとして初の快挙としてギネス記録に認定されています。

彼女のヒットアルバムに収録されたこの曲は、R&B/Hip Hopチャートで7位、UKチャートで4位を記録し、Lauryn Hillがこれまでイギリスで最もヒットしたナンバーになりました。

また2018年にはCardi Bがサンプリングし、BeyoncéJohn Legendなどのシンガーがカバーしています。

Cardi B – Be Careful (2018)

Beyoncé – Ex-Factor

John Legend – Ex-Factor

スポンサーリンク

終わりに

Drakeのアルバム「Scorpion」は、Spotifyで1日1億3000万回以上、Apple Musicで1億7000万回以上のアルバムストリームを記録し「More Life」で打ち立てた自身の記録を塗り替えて世界新記録を樹立しました。

またビルボード誌、ローリングストーン誌は「Nice for What」を「2018年のベストソング」5位に選出するなど、この年を代表する1曲になったのではないでしょうか。

この機会に、元ネタを併せて聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました