元ネタ・サンプリング Pusha T feat. Kanye West – Dreamin of the Past (2022) ジョン・レノンのカバーをサンプリング!

2020年代
2020年代P
スポンサーリンク

ラップデュオClipseのメンバーで知られるPusha T (プシャ・T)は、2010年にKanye West (カニエ・ウェスト)率いるレーベル “G.O.O.D. Music” と契約し、2013年にデビューソロアルバム「My Name Is My Name」をリリース。

全米チャート4位を記録し、多くのメディアが「2013年のベストアルバム」に選出するなど、批評家から絶賛されたアルバムになりました。

また2018年に発表した3枚目のアルバム「Daytona」は、Kanye Westがエグゼクティブプロデューサーを務め、全米チャートで自身のキャリアハイとなる3位を記録。

グラミー賞「最優秀ラップアルバム」にノミネートされ、批評家からは「この10年のベストアルバムの1つ」と賞賛されました。

業界に確固たる地位を築いたPusha Tは、2022年に4枚目のアルバム「It’s Almost Dry」をドロップ。

今作ではKanye WestPharrell Williamsがエグゼクティブプロデューサーを務め、Jay-Z、Kid Cudi、Lil Uzi Vert、No Maliceなどがゲスト参加しています。

今回は、このアルバムからKanye Westをフィーチャーした「Dreamin of the Past」(2022)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Pusha T feat. Kanye West – Dreamin of the Past (2022)

スポンサーリンク

楽曲情報

Pusha T (プシャ・T)
出身地 :バージニア州バージニアビーチ
生年月日:1977年5月13日
ジャンル:Hip Hop

Kanye West (カニエ・ウェスト)
出身地 :イリノイ州シカゴ
生年月日:1977年6月8日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Def Jam Recordings
G.O.O.D. Music

プロデューサー
Kanye West

元ネタ・サンプリング
Donny Hathaway – Jealous Guy (1972)

スポンサーリンク

“Dreamin of the Past” 元ネタ・サンプリング

Donny Hathaway – Jealous Guy (1972)

元ネタになったのは、ミズーリ州セントルイス出身のシンガーDonny Hathaway (ダニー・ハサウェイ)「Jealous Guy」(1972)です。

この曲は、John Lennonが1971年に発表したアルバム「Imagine」に収録されている曲のカバーで、Donny Hathawayのライブアルバム「Live」(1972)に収録されています。

John Lennon – Jealous Guy (1971)

またこのアルバムには、Marvin Gayeの代表曲のひとつ「What’s Going On」をはじめ、Carole King「You’ve Got a Friend」なども収められています。

Donny Hathaway – What’s Going On (1972)

スポンサーリンク

終わりに

Pusha Tは今作のタイトル「It’s Almost Dry」を絵画やドラッグに例えて明かしています。

俺は常に傑作を創り続けていて、絵画の制作で言えば『もうすぐ乾くよ』って待っているみんなに言ってしまうんだ。
『いつ出来上がるの?』って聞かれるけど、名画は待たされるものなんだよ。
またドラッグカルチャーでは、ブツが乾いていないのに待ってる人がいることが多いんだ。
乾いてから取りに来ればいいんだよ。

この機会に、元ネタと併せて聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました