元ネタ・サンプリング Roddy Ricch – Llf (2021) 今作はリック・ロスのアルバムを聴いてインスパイアされた?!

2020年代
2020年代R
スポンサーリンク

Roddy Ricch (ロディ・リッチ)の2019年のデビューアルバム「Please Excuse Me for Being Antisocial」は、全米チャート1位を獲得。

また2020年に世界で最もストリーミングされたアルバムとなり、アルバムから4枚目のシングル「The Box」は、全米チャートで11週に渡って1位を獲得。

世界各国のチャートを席巻し、グラミー賞では3部門にノミネートされる大ヒットソングになりました。

そんな彼が、約2年振りにセカンドアルバム「LIVE LIFE FAST」(2021)をドロップ。

全18曲収録し、FutureGunnaLil Baby21 Savageなどのゲストが参加しています。

今回はこのアルバムから1曲目の「Llf」をピックアップ。

Ty Dolla $ignがバックコーラスを務め、アルバムのスタートを華々しく飾るこの曲の元ネタを解説していきます。

Roddy Ricch – Llf (2021)

スポンサーリンク

楽曲情報

Roddy Ricch (ロディ・リッチ)
出身地 :カリフォルニア州コンプトン
生年月日:1998年10月22日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Atlantic Records
Bird Vision Entertainment

プロデューサー
Goldwash
Carlton McDowell
Jake Fridkis
Brennan Johns
Emerson Poulin
Aaron Paris
Charlie Coffeen
Sir Dylan
Heavy Mellow
Rex Kudo

元ネタ・サンプリング
Rick Ross feat. Kanye West – Live Fast, Die Young (2010)
The Bar-Kays – If This World Were Mine (1969)

スポンサーリンク

“Llf” 元ネタ・サンプリング

Rick Ross feat. Kanye West – Live Fast, Die Young (2010)

元ネタになったのは、フロリダ州マイアミ出身のラッパーRick Ross (リック・ロス)Live Fast, Die Young」(2010)です。

この曲は、彼の4枚目のアルバム「Teflon Don」(2010)に収録し、アルバムは全米チャート2位を記録。

Eminemのアルバム「Recovery」(2010)に阻まれ、初めて1位を逃したアルバムになりました。

しかし批評家からは、映画のような演出とRick Rossの個性が滲み出るリリックが評価され、彼の作品の中で最も高く評価されています。

そのアルバムに収録されているLive Fast, Die Young」は、Kanye West (カニエ・ウェスト)がプロデュース。

彼の得意とするサンプリングによるアッパーなビートと、疾走感溢れるラップが印象的な1曲になりました。

スポンサーリンク

“Live Fast, Die Young” 元ネタ・サンプリング

The Bar-Kays – If This World Were Mine (1969)

さらに深掘りすると「Live Fast, Die Young」は、ソウルグループThe Bar-Kays (ザ・バーケイズ)「If This World Were Mine」(1969)をサンプリングしています。

この曲は彼らのアルバム「Gotta Groove」(1969)に収録。

Rick Ross (リック・ロス)「Live Fast, Die Young」は、この曲の他に4曲をサンプリングしており、カニエのプロデュースワークが光っています。

Kid Dynamite – Uphill Peace of Mind (1976)

スポンサーリンク

終わりに

Roddy Ricchがこの曲をサンプリングした経緯を明かしています。

イントロをどうしようかと考えていたんだ。
そして、Rick Rossのアルバム「Teflon Don」を聴いていたら、偶然出会ったんだ。
曲はすでに知っていたんだけど、その瞬間に頭の中でピンときたんだ。
そうだ。Live Fast, Die Young. 一周した感じ。
だから、そういう意味合いもあったんだけど、やっぱり自分が今まで経験してきたこと全てと相対するんだよね。
Ye(カニエ)は今、良き友人だよ。
Yeとは本当によく連絡を取り合っているんだ。
彼と会話したり、話したりするだけでいいんだ。

Roddy Ricchは、Rick Rossのアルバムを偶然聴いていてインスピレーションを受け、Kanye Westと交友関係を持っていた為に、著作権もすんなりとクリアしたようです。

この機会に元ネタと併せて、彼のアルバムを聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました