元ネタ・サンプリング Tyler, The Creator – SORRY NOT SORRY (2023) グラミー賞受賞作のデラックスエディションを発表!

2020年代
2020年代T
スポンサーリンク

Tyler, The Creator (タイラー・ザ・クリエイター)は、2021年にリリースした6枚目のアルバム「CALL ME IF YOU GET LOST」が前作「Igor」(2019)に続いて全米チャートで1位を獲得し、グラミー賞「最優秀ラップアルバム賞」を受賞しました。

2023年になり、Tyler, The Creatorはアルバム「CALL ME IF YOU GET LOST」のデラックスエディション「CALL ME IF YOU GET LOST: The Estate Sale」をリリースする予定で、その先駆けとして2枚のリードシングル「DOGTOOTH」「SORRY NOT SORRY」がリリースされました。

ここでは、「SORRY NOT SORRY」の元ネタについて解説します。

Tyler, The Creator – SORRY NOT SORRY (2023)

スポンサーリンク

“SORRY NOT SORRY” 楽曲情報

リリース日
2023年3月29日

レーベル
Columbia Records

プロデューサー
Tyler, The Creator

元ネタ・サンプリング
Brighter Side of Darkness – He Made You Mine (1978)

スポンサーリンク

“SORRY NOT SORRY” 元ネタ・サンプリング情報

Brighter Side of Darkness – He Made You Mine (1978)

元ネタになったのは、イリノイ州シカゴで結成されたソウルグループBrighter Side of Darkness「He Made You Mine」(1978)です。

彼らは、1971年にシカゴの高校で結成し、1973年にアルバム「Love Jones」をリリースしました。

このアルバムに収録された同タイトルのシングル「Love Jones」は、Soulチャート3位を記録するヒットとなり、後にRZAKeyshia Coleがサンプリングしています。

そして彼らの「He Made You Mine」は、Magic Touch Recordsから1978年にシングルとしてリリースされました。

Brighter Side of Darkness – Love Jones

Keyshia Cole – Love, I Thought You Had My Back

スポンサーリンク

デラックスエディションについて明かす

シングルのリリースに先立ち、Tyler, The Creatorは自身のTwitterアカウントで「SORRY NOT SORRY」を含むアルバム「CALL ME IF YOU GET LOST: The Estate Sale」について、以下のように説明しています。

「CALL ME IF YOU GET LOST」は最終的にカットされなかった曲で作った初のアルバムでなんだ。
その中には本当に大好きな曲もあったんだけど、日の目を見ることはないと思っていたから、そのうちの何曲かを発表することにしたんだ。

関連記事はこちら。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました